Sponsored Contents

3dsの最新記事

Image credit:

任天堂岩田社長、等身大 Mii と写真が撮れる「大きなARカード」を予告

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年3月10日, 午後08:27 in 3Ds
50 シェア
6
0
30
0
14

連載

注目記事

人気記事


任天堂のウェブコンテンツ「社長が訊く 『ニンテンドー3DS』」に「内蔵ソフト篇」が加わりました。「ARゲームズ」や「顔シューティング」など本体機能を活かした内蔵ソフトだけでも大量の遊びが仕込んである3DSだけに、いつにもまして興味深い内容です。特に面白いのは「大きなARカード」。3DS本体に付属するARカードは持ち歩きを重視してクレジットカードサイズになっていますが、「大きなARカード」は開発中に試作された巨大なもの。3DSのカメラから離してもマーカーとして認識できるため、等身大の Mii と並んで写真を撮ったりすることも可能になります。

写真はどことなく神妙な顔つきで自分の Mii と手をつなぐ岩田社長。岩田氏いわく「この感動をたくさんの人に味わっていただきたくて」、この「大きなARカード」をクラブニンテンドーのオリジナルグッズにすることが告知されています。交換に必要なポイント数や受注時期は後日 クラブニンテンドーで発表される予定。付属のARカードでも「自慢のフィギュアコレクションに囲まれる俺 (の Mii ) 」なり「愛猫と遊ぶわたし (の Mii)」を3D撮影して楽しむことはできますが、等身大 Mii はまた創造力の暴発を誘いそうです。なお、付属のカードを拡大コピーしたり、3DSサポートページにあるPDFをディスプレイに表示しても一応 マーカーとして使えます。(たとえば iPad でも可能。ただし画面の映り込みが激しいディスプレイはやや難しい)。
50 シェア
6
0
30
0
14

Sponsored Contents