Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google Nexus S に WiMAX 対応の4G モデル、オリジナルと比較ギャラリー

Ittousai, @Ittousai_ej
2011年3月28日, 午前07:35 in Google
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

米 Sprint が発表した Google Nexus S 4G とオリジナル Nexus S との比較ギャラリーをお届けします。Nexus S 4G は Android のリファレンス的な Google ブランド携帯 Nexus S の Sprint 版で、携帯ネットワークがオリジナルの WCDMA / HSPA から、Sprint がサポートするCDMA2000 / EV-DO / WiMAX に変更された製品。無線以外にほぼ違いはなく、オリジナルと同様にサムスン製の " Pure Google Experience " 端末です。

ハードウェア的な差はWCDMA版よりごくわずかに厚くなっていること (0.3mmくらい)、背面パネルを外してもSIMカードスロットがないことなど。ソフトウェアは Android 2.3 Gingerbread。通知エリアにはWiMAX の信号アイコン(4G)があり、ネットワーク設定に「4G」の項目が加わっています。EV-DO または WiMAX で6台までの機器を接続できるパーソナルホットスポットにも対応。前面パネル全体が微妙に凹カーブを描いた Contour ディスプレイ、4インチ800 x 480 スーパー有機ELなどはオリジナルとまったくおなじ。

またNexus S 4G のみの機能ではありませんが、Sprint は Google のVoIPサービス Google Voice とSprint 端末との統合も発表しています。Sprint の携帯番号のまま Google Voice の各機能が使えるもので、具体的には従来の携帯番号への着信を Sprint 携帯だけでなくGoogle Voice アプリ対応端末やオフィスの固定電話、あるいは Gmail の画面で受けて通話できる、逆にさまざまな端末やウェブから 携帯の番号で通話やSMSが送れる、留守電を自動でテキスト化してメールで受けられる、海外への通話が割安な Google Voice 料金でかけられるなど。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents