au がシャープ製スマートフォン IS03 の Android 2.2 アップデートについて発表しました。提供開始は4月14日午前10時。更新内容としてはAndroidバージョンが2.2になるほか、最大通信速度144kbpsエリア (CDMA 1Xエリア) でのデータ通信対応、音声通話品質の向上 (EVRC-B対応) が挙げられています。Android 2.2になってうれしい点はFlash 10.1対応、JITコンパイラでアプリの動作速度向上、ブラウザのJSエンジン高速化、microSDへのアプリ保存など。

アップデートは設定メニューの「システムアップデート」や自動的に届く通知からのOTAではなく、IS03を接続したPCでアップデートツールを実行する必要があります。手順はまずシャープのページからPCでアップデート実行ツールをダウンロード&インストールし、USBケーブルでIS03を接続してツールを実行します (あらかじめUSB接続ドライバをPCへインストールする必要があります)。アップデート実行ツールは Windows XP / Vista / Windows 7 対応。

バグフィックスリリースであっても特定のPCで iTunesへ接続しなければならない iPhone に対して、AndroidはOSの機能としては単体でのOTA (over the air)アップデートにも対応しており、端末とキャリアによっては 2.2へのOTAアップデートが提供されています (たとえば HTC Desire / Softbank )。が、OTAで提供するかどうかは個々の端末とソフトウェア、メーカーとキャリアしだい。

なお、IS03側のアプリやウィジェットはアップデート後に再インストールが必要になります。電話帳やカメラ画像などのデータは消去されませんが、auによれば「お客様の携帯電話の状態によっては」データの保護ができない場合もあるため、大切なデータは必ずバックアップをお願いするとのこと。ただし、コンテンツによってはDRMでそもそもバックアップができない場合もあります。未来に行くのもなかなか大変です。

au IS03 の Android 2.2 アップデートは4月14日提供、要Windows PC

0 コメント