Sponsored Contents

10 inchの最新記事

Image credit:
Save

AcerからAMD Fusion搭載の10型Win 7タブレットW500、キーボードドックつき549ドル

Ittousai, @Ittousai_ej
2011年4月12日, 午前12:30 in 10 Inch
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


14インチ2画面で Core i5 / Win 7の Iconia-6120、7インチAndroid の Iconia Tab A100、10.1インチ Honeycomb の A500と並んで、Acer は10.1インチのWindows 7 タブレット W500 も投入します。特徴は今年1月に正式発表されたCPU / GPU 統合チップ " Fusion " APU を採用すること。

米国の小売店 B&H がフライング気味に掲載している製品ページによれば、基本仕様は10.1インチ1280 x 800 CrystalBrite LEDバックライト液晶ディスプレイ、AMD Fusion C-50 (1GHz)、統合のRadeon HD 6250 GPU、2GB DDR3 RAM、32GB mSATA SSD。インターフェースは 2 in 1 メモリカードスロット、USB 2.0 x 2、HDMI出力、有線LAN (RJ-45)、3.5mmヘッドホン出力・マイク入力、背面5MP・前面2MPカメラ、802.11b/g/n WiFi、Bluetoothなど。

搭載するFusion APU は、CES 2011に出展されていた試作品とおなじ TDP5Wの低消費電力版 " Ontario " プロセッサと思われます。Cシリーズ / Ontario はいわゆるネットブック向けながら、Radeon HD 6250 GPUで1080p 動画再生も可能なハードウェアデコーダ UVD3、DX11やGPUコンピューティングの OpenCL1.1対応など強力なグラフィック性能が特徴です。

本体の厚さは Android版 A500 よりやや厚い約15mm、内蔵3セルバッテリで6時間駆動。重さは970g (ドック込みか単体か不明)。 付属するキーボードドックにはフルQWERTYキーボードのほか、Windows マシンらしくトラックポイント風のポインタつき。リンク先のB&Hでは549ドルで予約受付中です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents