任天堂がまもなくE3で発表する予定の「Wii後継機」について、日経が4日付けの朝刊で詳細を報じています。記事は「タッチパネルを備えた新型コントローラ」についての話題が中心で、画面サイズは6インチ、バッテリ(二次電池)とカメラを搭載しており、単体でも携帯ゲーム機として利用できるとのこと。要するに"Project Cafe"の名前で噂されていたものそのまま。はじめは半信半疑だったという方も、いよいよ心の準備が必要になってきました。

ちなみに、任天堂は「2012年に発売」と予告していましたが、記事は「2012年半ばにも発売」という記述でした。年明けすぐほど早くもなく、来年末のホリデーシーズンほど遅くもなくという時期になるのはそれなりに納得できるものですが、そうするとゲーム機にしては珍しい発売時期になりそうです。

Wii 後継機はコントローラに6インチタッチパネル、カメラ搭載(日経報道)
広告

0 コメント

広告