Sponsored Contents

energyの最新記事

Image credit:
Save

スマート家電らの相互接続を目指す「HEMSアライアンス」発足、東電など10社が参加

Haruka Ueda
2011年7月12日, 午後03:00 in Energy
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、日本電気、パナソニック、日立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の十社が、HEMS(Home Energy Management System)の市場確立と普及を目的とした共同検討体制「HEMSアライアンス」を立ち上げました。HEMSとは、スマート家電、電気自動車、あるいは太陽光発電など、家庭の電気に関わる情報と制御システムを集約することで、自動制御、電力需給の最適化などを目指すというもの。スマートホームの夢は昔からありましたが、このごろのエネルギー問題を鑑みれば、そろそろ市場として立ち上がるべき時が来たと考えるのも自然なことかもしれません。プレスリリースでは法律から、OSやプロトコル、セキュリティ、アプリケーション、サービスまでの各種レイヤーの検討課題が挙げられており、電力会社から家電メーカー、ハウスメーカー、自動車メーカーまで多様な企業が連携するからこその課題解決が求められます。エネルギーマネジメントが一元化されれば、その上に萌えレイヤーを加えるのも簡単かもしれません。




プレスリリースの挿絵から。なぜこんな恐しい例をわざわざ載せようと思ったのかが謎です。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents