OS X Lion と一緒に出るといいな、出るに違いない、と期待されていた新 MacBook Air が、予想どおり発表されました。デザイン、そして13インチと11インチの2サイズ構成は変わらず。変更点は"Sandy Bridge"世代のCore i5 / Core i7を搭載したこと、Thunderboltに対応したこと、キーボードがバックライト付きになったこと、そしてもちろん、OS X Lion です。

基本構成は11インチモデルが1.6GHzデュアルコアCore i5、2GBメモリ、重さは1.08kg。64GB SSDで8万4800円と、最低価格がさらに手頃となりました。128GB SSDでは10万2800円。オプションは1.8GHzデュアルコアCore i7、4GBメモリ、256GB SSD。13インチモデルでは1.7GHzデュアルコアCore i5、4GBメモリ、重さは1.35kg。128GB SSDで11万800円、256GB SSDで13万8800円。こちらにもオプションで1.8GHzデュアルコアCore i7が用意されています。グラフィックはどちらも Intel HD Graphics 3000。FaceTimeカメラに、USB 2.0ポートはふたつ。SDカードスロットは引き続き13インチモデルのみです。

MacBook Air (2011)

すべての写真を見る

6 枚


新 MacBook Air 発表。"Sandy Bridge"、Thunderbolt搭載で8万4800円から

0 コメント