Sponsored Contents

softbankの最新記事

Image credit:

ソフトバンク、SNS企業にユーザ年齢通知サービスを提供へ

Haruka Ueda
2011年9月2日, 午後07:45 in Softbank
212 シェア
46
106
27
3
30

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事


ソフトバンクが提携するコンテンツ企業向けにユーザーの年齢情報を通知するサービスを開始します。いわゆる「年端のいかない青少年が広大なネットの海に放り出されて大変な目にあってしまう問題」については、これまでキャリアによるサービス公認制度やフィルタリング、業界団体の自主規制などによって対処されてきましたが、今回のサービスによりコンテンツ企業はユーザー(契約者)の正確な年齢に基いてコンテンツを提供できるようになります。生年月日がそのまま送信されるわけではなく、コンテンツ企業が規定する年齢以上であるか未満であるかだけを知らせるという仕組み。コンテンツ企業が年齢情報の提供を求める際は、あらかじめユーザーに通知され、同意を求めるとのこと。今後は「本コンテンツの利用前には18歳以上かの確認が必要です」というような運用がなされると思われます。本サービスを利用できるのはGREEとmixiで、今年秋から順次開始予定。モバゲーとも調整中のほか、順次追加予定です(ケータイWatch)。対応サービスを限定していることから、うっかりクリックで年齢バレというわけではありませんが、ユーザー間のやりとりでもニーズのありそうなサービスです。

追記:
KDDI / au は今年1月から同種のサービスを実施中(プレスリリース)。
関連キーワード: softbank, softbank mobile, SoftbankMobile
212 シェア
46
106
27
3
30

Sponsored Contents