Sponsored Contents

playstationの最新記事

Image credit:

速報:SCEJプレスカンファレンス、Vita の3Gはプリペイド20時間・128Kbpsで980円から

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年9月14日, 午後01:26 in Playstation
345 シェア
26
212
69
8
30

連載

注目記事

人気記事


ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン (SCEJ)の東京ゲームショウ前プレスカンファレンスより速報をお伝えします。

更新:終了。めぼしい発表は、
・国内発売日は 12月17日。
・3Gネットワークの提供はドコモ。プランは通常の定額データ通信のほか、プリペイド2種が用意される。
・プリペイド20h (980円)は下り128Kbps / 上り64Kbpsで20時間まで。
・プリペイド100h (4980円)は下り128Kbps / 上り64Kbps で100時間。および、14Mbps / 5.7Mbpsのハイスピード接続の場合は3時間。(計103時間)
・価格は既報どおり、WiFi 2万4980円、3G 2万9980円。最初の50万台には、プリペイド100hが同梱で出荷される。

・ロンチは26本。開発中の発売予定は100本以上。
・TGSではVita 80台、プレイアブル31本。
・ニコニコ動画のニワンゴが参入。当初は視聴アプリを提供するほか、来年春ごろにはVitaからの配信に、さらに夏以降にはゲームをVitaから実況配信できるタイトルを提供する予定。

・PSPゲームは、現在販売されているダウンロード版の大部分にエミュレーションで対応。
・さらに、UMD版を所有しているがVitaでも遊びたいというプレーヤーのために、特別な施策を準備している。

VitaとおなじくUMDドライブを備えないPSP goでは「当然考えています」と移行プログラムを予告しつつ、発売直前になって取り消した経緯がありましたが、Vitaでの復活はうれしいサプライズです。VitaのUMD救済 / 優待策は後ほど正式に発表される予定。単なる優待割引だとしても、Vitaの画面や右スティックありで遊びたいプレーヤーにとっては注目です。



通信プランにはプリペイド方式が用意され、回線契約を待つことなく買ってすぐに利用が可能。プランは:

「プリペイドデータプラン20h」(980円)が、下り最大 128Kbps / 上り最大64Kbps の速度制限で20時間まで。
「プリペイドデータプラン100h」(4980円)では、おなじ128Kbps / 64Kbps で100時間、および下り最大14Mbps / 上り最大5.7Mbps を3時間。(計103時間)

プリペイドのほか、ドコモの定額データプランを契約して使うことも可能。


facebook, twitter, foursquare, skypeは専用クライアントで提供。既報のとおり。
ブラウザはゲーム中に裏面で開いて参照できる。


「およそ考えうるすべての機能が盛り込まれたPS Vita」「究極のエンタテインメントマシン」(SCEJ 河野氏)


もちろん大切なのはソフト、開発者から「ひさびさに燃えるね!」と声をかけられるのは大きな喜び、とつないでゲームラインナップの紹介。


カプコン小野プロデューサから。
ストリートファイター x 鉄拳は発表済み。
さらに、ULTIMATE Marvel vs Capcom 3 をPS Vita と同時発売。


内容、コンテンツはPS3版と同等。観戦モードにも対応。60fps表示で対戦。ネットワークで世界と通信対戦。
さらにタッチパッドの活用、本体の位置情報的な機能 near などを使った楽しみ方も提供。


さらに先の話を、と振って、「Vitaでフルの格闘ゲーム体験ができるとは思いません」もちろんPS3と大画面のブラビアのほうがいい。しかし、Vitaにはコミュニティの「つながる」「広がる」機能がある。

具体的には、


......TGSのフロアでプレイアブルなどで触ってください。




小芝居のあと、SF x Tekken にトロとクロが「緊急参戦」発表。


続いてスクエニ橋本氏。


Lord of Apocalypse 。前作に続いてアクションRPG。最大4人のマルチプレイ。Vita 本体と同時に、Vita版とPSP版を同時発売。


『地獄の軍団』Army Corps of Hell。ゴブリン軍団を引き連れて戦うアクション。Vitaと同時。


PSPではFF零式が10月27日、DL版も同時。しかも安い。
PS3ではFF XIII2 を12月発売。


『Final Fantasy X』のリメイク発表。Vita版とPS3版。「ファンの皆様からの声に押されて」。タイトルロゴのみ公開。画面を出せないのが申し訳ないが開発中。


続いて、「プレイステーションの超強力サポーター」(河野)であるコナミ小島監督。


自宅と外で同じゲームを持ち出して遊ぶ構想、Transfering を解説。
まずは11月発売のMGS:ピースウォーカー HD版から。


2012年には、PS Vita 対応のMGS HD Edition。
Vitaの場合、オンラインでセーブデータを同期できる。


Vita『ZONE OF THE ENDERS HD Edition』。ANUBIS入り。こちらもPS3版とPS Vita版を開発中。トランスファリング可能。


さらに次の段階は、PS3とVitaにほぼ同クオリティ、おなじゲーム性でゲームを提供する。FOX ENGINEを開発中。小島氏オリジナル作品。タイトルなどは今後発表。「しばらく時間がかかります」


「なんといっても僕、コアなゲームが大好きなので。現在あるコアなゲームができるゲーム機はVitaだけなので」(小島)


↑「携帯ゲーム機はVitaだけなので」


次はSCE WWS JAPANスタジオの山本氏。


『みんなのGOLF6』ネットワークを使ったオンラインなど、新たな試みを盛り込む。


PS Vitaの機能を使った楽しいアプリ2本を紹介。
『勇者のきろく。』(仮)
いわゆくJRPGをネタにしてきた勇なまシリーズを、日常生活をネタに発展。
カレンダー上の予定を魔物扱いにクリアなど。


『みんなといっしょ』
どこでもいっしょの世界観に、PSNのフレンドやコミュニケーション機能を組み合わせた。
キーワードは「フレンド100人できるかな」
Twitterなどからソーシャルグラムを読み込み、フレンド候補を紹介するなど。


つづいて、ゲームだけでなくあのコンテンツもやってきます、としてニワンゴ 杉本氏。
今日はニコニコ生放送もやってます。錚々たるゲームクリエーターのあとで大変緊張している。
なぜ「ニコニコの運営が?」と思われるかもしれない。


メインの発表は、Vitaのニコニコ動画対応。開発中の実機デモ。


2:23PM 発売と同時に視聴に対応。2012年春には、Vitaからの配信に対応予定。


2:25PM 将来的には、ゲームをしながら、画像を実況付きで中継し、さらにほかのユーザとのリアルタイムコミュニケーションを実現するようなソフトを構想中。これにはコンテンツパートナーとの協力が必要。(標準機能ではない)。


2:27PM




改めて、Vita向けラインナップ紹介。


ロンチは26タイトル。


「ロンチにはわたくしどもが掴んでいる範囲で26本」(河野)


発表されていないタイトルも含めて、発売予定はすでに100タイトル。




PSPゲームはダウンロード版ならほとんど動く。


さらに、UMDを持っている場合、Vitaでも遊びたいというユーザーのために、特別なサービスを検討している。決定しだい発表。!!


本体は、最初の50万台出荷分については、プリペイド100hプランを同梱するキャンペーン。


TGSでは、試遊Vita80台・プレイアブルタイトル31本。


さらに、今年11月から、国内5都市で体験キャラバンを展開。

とくに One More Thing もなく終了。モンハン新作はまた次のお楽しみで。

関連キーワード: playstation, ps vita, ps3, psp, PsVita, scej, sony
345 シェア
26
212
69
8
30

Sponsored Contents