Sponsored Contents

4gの最新記事

Image credit:

SoftBank 4G 発表、下り最大110Mbpsの高速通信サービス

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年9月29日, 午後01:09 in 4G
449 シェア
95
282
0
72

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


ソフトバンクモバイルが次世代通信サービス「SoftBank 4G」を発表しました。通信形式のAXGPは元ウィルコムが開発していた XGP を高度化させたもので、規格上の転送速度は下り最大 110Mbps・上り最大15Mbps。最近揃いつつある「次世代」高速通信ネットワークで課題となるエリアについては、2012年度末で「全国政令指定都市 人口カバー率99%」と表現されています。

なにかと議論になる「4G」の名称については、「第3世代移動通信システムに比べて相当な水準の改善を提供する技術に対しても4Gの呼称を認めるという国際電気通信連合(ITU)の声明に基づき使用しています」とわざわざただし書きつき。SoftBank 4G 対応製品の第一弾としては、下り76Mbpsまで対応のモバイルWiFiルータ製品 ULTRA WiFi 4G (SoftBank 101SI) が2012年2月以降に発売予定。

追記:ソフトバンクにネットワークを提供するWireless City Planning 株式会社からも発表がありました。同社はウィルコムからXGP事業を継承した企業。XGPを高度化させたAXGP (Advanced eXtended Global Platform) は海外で導入が進むTD-LTE と高い互換性がありエコシステムを共有できるため、通信設備や端末の共用化が見込め安価で安定した供給が望めるとしています。

通信エリアについては、

提供エリアは、2011 年 11 月 1 日時点では東京・大阪・福岡の一部地域で、2011 年度末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京 23 区、横浜市、川崎市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市に拡大します。

さらに、株式会社ウィルコムから承継した 15 万 7,000 局の基地局設置場所およびソフトバンクモバイル株式会社の鉄塔などを活用し全国の都市部を中心にエリア整備を加速させ、2012 年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を 99%とする計画です。

449 シェア
95
282
0
72

Sponsored Contents