Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

東芝 REGZAタブレット AT700 発表、10型で世界最薄・最軽量

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年10月3日, 午後03:21 in Android
189 シェア
59
105
0
25

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

View
Surface Book 2発表。15インチ追加、GTX 1060も選べる歴代最高性能ノート&第八世代Core i7最軽量タブレット
6

Surface Book 2発表。15インチ追加、GTX 1060も選べる歴代最高性能ノート&第八世代Core i7最軽量タブレット

View
折り畳み2画面スマホ Axon M発表。2アプリを並列起動、6.75インチ大画面としても使える変態端末
9

折り畳み2画面スマホ Axon M発表。2アプリを並列起動、6.75インチ大画面としても使える変態端末

View

現在開催中の CEATEC 2011 プレスカンファレンスで、東芝が10インチAndroidタブレットの新製品 REGZA Tablet AT700を発表しました。東芝は同画面サイズのタブレット AT300をすでに販売していますが、新製品 AT700 は従来モデル比半分以下の厚さ 7.7mm、重さ558g。10.1型タブレットとして世界最薄・最軽量をうたっています。

REGZA タブレット AT700 は、先月のIDFで Toshiba AT200として発表されていた製品の国内版。主な仕様は10.1型1280 x 800 液晶ディスプレイ、TI OMAP 4430 (1.2GHz デュアルコア, POWERVR SGX540)、1GB RAM、32GB ストレージ (内蔵 eMMC)、Android 3.2など。分厚い前モデルはフルサイズのコネクタ類が売りでしたが、AT700はmicroUSB や microSDなど小型を採用しています。無線は802.11b/g/nとBluetooth、バッテリー駆動時間は約7時間。

サイズと性能向上以外の売りはレゾリューションプラスなど独自の高画質化・高音質機能、また「レグザリンク・シェア」対応のテレビやレコーダーでUSBハードディスクに録画した番組をLAN経由でストリーミング視聴できる「RZプレーヤ」アプリ、転送して持ち出せる「RZポーター」アプリなど。REGZA Tablet AT700 は4日から開催のCEATEC JAPAN 2011 で展示される予定です。発売は12月中旬より。下は会場からのギャラリー。東芝はまた、7型のAndroidタブレット REGZA AT3S0 も同時に発表しています。そちらは10月発売。

追記:量販店などの予価では6万9800円くらい。また「11月上旬」とやや早めの出荷時期になっています。

Gallery: Toshiba REGZA AT700 & dynabook R631 | 11 Photos


189 シェア
59
105
0
25

Sponsored Contents