ウェブベースで各種の統計調査を行っている StatCounter によると、全世界の OS シェアにおいて、Windows 7 が先輩の XP を上回り、シェアナンバーワンの座を獲得しました。あくまで一企業による調査ではありますが、これまでマイクロソフトが喧伝してきた「最速ペースの売上」は伊達ではなかったと言えます。グラフのとおり、今年10月のXPと7のシェアはいずれも約40%。やや上昇トレンドにある Mac OS X(紫)、 Linux(赤)、それから XP と 7 のあいだにあったやつ(緑)を大きく上回っています。ちなみに米国や日本に限った調査では、いずれもすでに数か月まえに 7 が XP を抜いています。細かな数字はリンク先へ。MSにとっては間違いなく喜ばしい傾向でしょうが、そのぶん Windows 8(仮)にかかるプレッシャーは大きくなりそうです。

[Thanks, Pipera]

OS の世界シェア、Windows 7 が XP を超える(StatCounter調査)
広告

0 コメント

広告