Sponsored Contents

light field cameraの最新記事

Image credit:

撮影後にフォーカスできる Lytro カメラ 発表、f/2 レンズ搭載で399ドルから

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年10月20日, 午前08:07 in Light Field Camera
4753 シェア
2422
1411
364
346
210

注目記事

人気記事


米国のスタートアップ Lytro が、世界初のコンシューマー向け Light Field カメラ " Lytro camera " の製品化を発表しました。Light Field カメラは撮影後に自由に焦点をあわせられるカメラ。撮影時にはフォーカスを気にせずとりあえずカメラを向けて撮っておくことで、あとから手前にも背景にも、その場面にあるどの場所にもフォーカスをあわせることができます。

原理的には、主レンズとセンサーのあいだに多数のミニレンズ (Plenoptic Lens) を挟むことにより、レンズに入るすべての光線の方向まで記録し、後処理で特定の場所にフォーカスをあわせた写真を取り出す仕組みです。オートフォーカスを待つ必要がないため撮影が速いこと、また多くの方向からの光を捕らえるため暗所撮影に強いこと、3D写真も同時に撮影できる (というより複数視点分を後から取り出せる) といった利点もあります。

製品として発表された Lytro カメラの仕様は 8倍光学ズーム、f/2 レンズ、8GBまたは16GBの内蔵ストレージなど。解像度は「11メガレイ」(ピクセルではなく光線の " rays ")。8GBで350枚、16GBで750枚の Light Field 写真を保存できます。本体は約4cm角で長さ11cmほどの角柱型。レンズと反対側には1.46インチのガラスタッチスクリーンモニタがあります。重さは214g。撮影モードダイヤルや設定ボタンの類はなく、ボタンは電源とシャッターのみ。

写真は Light Field picture ファイル (.lfp) で保存され本体でプレビューできるほか、PC用のアプリで扱うことができ、Lytro.comで提供されるクラウドストレージに保存できます。共有した写真はPCブラウザやスマートフォン、タブレットなどで、追加のソフトウェアインストールの必要なくインタラクティブに観ることが可能。

価格は8GBモデル (グラファイトまたはエレクトリックブルー)が399ドル、16GB (ホットレッド)が499ドル。現在はLytro.comで予約を受け付けており、先着順に2012年早々から出荷されます。ただし現在は米国内のみ配送。またデスクトップソフトウェアは当初 Mac OS X 用のみが提供され、Windows版はあとからダウンロードできるようになる予定です。実際のLight Field 写真は続きに掲載したデモと動画をどうぞ。任意の場所をクリックしてフォーカスできます。

Gallery: Lytro Light Field camera | 14 Photos








Source: Lytro
関連キーワード: light field camera, LightFieldCamera, lytro
4753 シェア
2422
1411
364
346
210

Sponsored Contents