Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

MS が Compal に特許ライセンス提供、Android 陣営に圧力

Haruka Ueda
2011年10月25日, 午前09:50 in Android
127シェア
0
127,"likes":6
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Android がどれほどオープンであるかには色々な批判もありますが、Android がどれほどフリーであるかにも色々な見方があります。マイクロソフトはODM(設計製造)大手の台湾 Compal に対し、Android および Chromeに関する特許ポートフォリオを提供する契約を結んだことを発表しました。Compal視点から言えば、MSの特許を利用することで MS ほかから訴えられるリスクが減るかわり、MS へロイヤリティを支払うという契約です。ロイヤリティ額は不明で、MSに言わせれば「双方にとって相応で公平」な程度とのこと。

マイクロソフトはこのところ、自慢の特許ポートフォリオを武器にライセンス提供を進めており、すでに Wistron、Quanta といった Android 人気の裏で活躍する ODM とも同様の契約を締結済です。Compal / Winston / Quanta を合算すればODMの世界シェアで55%となり(収入ベース)、単純化すれば Android 人気のおかげでマイクロソフトが潤うという状況がどんどん確立されつつあります。

また、マイクロソフトは HTC や Acer といった Android 端末の主要メーカーとも特許ライセンス契約を結んでおり、先月発表されたサムスンとのクロスライセンス契約もあわせれば、米国で販売されたAndroidスマートフォンの55%には、背後にMSのライセンスがあるという状況です(こちらは端末台数ベース)。アップル対サムスンの例でも分かるとおり、いわゆる敵味方の色分けでは区別しがたいのが、この業界の面白いところではないでしょうか。

ちなみに上の図はマイクロソフト自身が用意した、訴訟(赤線)とライセンス(青線)のよく分かる関係図。モトローラやFoxconnは待ってろよと読み解くもよし、わざわざオラクルと Google を図に含んだおかしさを味わうもよしです。



Microsoft Corp. and Compal Electronics, Inc. have signed a patent agreement that provides broad coverage under Microsoft's patent portfolio for Compal's tablets, mobile phones, e-readers and other consumer devices running the Android or Chrome Platform. Although the contents of the agreement have not been disclosed, the parties indicate that Microsoft will receive royalties from Compal under the agreement.

"We are pleased to have reached this agreement with Compal, one of the leaders in the original design manufacturing, or ODM, industry. Together with the license agreements signed in the past few months with Wistron and Quanta Computer, today's agreement with Compal means more than half of the world's ODM industry for Android and Chrome devices is now under license to Microsoft's patent portfolio," said Horacio Gutierrez, corporate vice president and deputy general counsel, Intellectual Property Group at Microsoft. "We are proud of the continued success of our licensing program in resolving IP issues surrounding Android and Chrome."

Microsoft's Commitment to Licensing Intellectual Property

The patent agreement is another example of the important role IP plays in ensuring a healthy and vibrant IT ecosystem. Since Microsoft launched its IP licensing program in December 2003, the company has entered into more than 700 licensing agreements and continues to develop programs that make it possible for customers, partners and competitors to access its IP portfolio. The program was developed to open access to Microsoft's significant R&D investments and its growing, broad patent and IP portfolio.

More information about Microsoft's licensing programs is available at http://www.microsoft.com/iplicensing/.



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, compal, microsoft, patent
127シェア
0
127,"likes":6
0

Sponsored Contents