Sponsored Contents

breaking newsの最新記事

Image credit:
Save

速報:HPのPC事業は今後も従来どおり社内で継続へ

Ittousai, @Ittousai_ej
2011年10月28日, 午前06:05 in Breaking News
151シェア
0
151,"likes":11
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

HPが「PC部門の戦略再検討」に早くも結論を出しました。新 CEO 兼 プレジデント Meg Whitman 氏が株主向けカンファレンスコールで明らかにしたところによると、HP はPCやタブレットなどを含む事業部門 Personal Systems Groups (PSG) について、今後も従来と同様に HP 社内で運営してゆく方針を決定しました。

8月に突如発表されたPSG部門の戦略再構築は、「スピンオフ他の手段による、PSG全体もしくは一部のHPからの切り離しを含む、広範なオプション」について検討するという内容でした。世界シェア一位かつしっかり利益を出している部門の切り離し検討は世間を驚かせましたが、社外どころか当のPSG部門を率いるEVP Todd Bradley 氏すら数日前まで知らされなかったという恐ろしい話でも記憶に新しいところです。

当時の発表では、検討は12か月から18か月にわたって行われるはずでしたが、当時のCEO Leo Apotheker 氏がHPを離れ Whitman 氏が就任してからわずか一か月あまり、検討開始の発表から結局2か月ほどで「やっぱりそのまま」の結論に達したことになります。発表によれば、複数の分野の専門家による客観的かつ「データドリヴン」な評価の結果、PSGがサプライチェーンからIT、調達に及ぶHPの重要なオペレーションに深く統合されていること、またHPのソリューションポートフォリオおよび総合的なブランド価値へ大きく検討していることが明らかになり、またそれらの要素を独立した企業として再構築するために要する費用は、スピンオフによる利益を大きく上回ることが判明したとされています。

発表文はさらに、この検討の結果、HPのビジネスモデルの正しさと顧客および株主への利益が改めて確認された、PSGはコンシューマーから小規模・中規模・大規模ビジネス顧客へ高い価値を提供し継続した関係を築くHPの戦略に重要な役割を果たしており、取締役会はPSGがHP全体の利益をともなう成長を牽引し、他部門のソリューションを加速することを確信していると続き、結局そのままが正しい判断であることを強調しています。

(蛇足:PSGはHPの一部門として継続するものの、切り離し検討と同時に発表された webOSデバイスの終息については変更なし。タブレット製品にはWindows 8 を採用することが改めて確認されています。)

HP to Keep PC Division

Continued combination of HP and its Personal Systems Group expected to deliver greater customer and shareholder value

PALO ALTO, Calif.--(BUSINESS WIRE)--HP (NYSE:HPQ) today announced that it has completed its evaluation of strategic alternatives for its Personal Systems Group (PSG) and has decided the unit will remain part of the company.

The strategic review involved subject matter experts from across the businesses and functions. The data-driven evaluation revealed the depth of the integration that has occurred across key operations such as supply chain, IT and procurement. It also detailed the significant extent to which PSG contributes to HP's solutions portfolio and overall brand value. Finally, it also showed that the cost to recreate these in a standalone company outweighed any benefits of separation.

The outcome of this exercise reaffirms HP's model and the value for its customers and shareholders. PSG is a key component of HP's strategy to deliver higher value, lasting relationships with consumers, small- and medium-sized businesses and enterprise customers. The HP board of directors is confident that PSG can drive profitable growth as part of the larger entity and accelerate solutions from other parts of HP's business.

PSG has a history of innovation and technological leadership as well as an established record of industry-leading profitability. It is the No. 1 manufacturer of personal computers in the world with revenues totaling $40.7 billion for fiscal year 2010.

"As part of HP, PSG will continue to give customers and partners the advantages of product innovation and global scale across the industry's broadest portfolio of PCs, workstations and more," said Todd Bradley, executive vice president, Personal Systems Group, HP. "We intend to make the leading PC business in the world even better."

More information is available at www.hp.com/investor/PSG-Decision.



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

151シェア
0
151,"likes":11
0

Sponsored Contents