Sponsored Contents

playstation 3の最新記事

Image credit:

PS3 / PSP ダウンロード版ゲームのDRM強化、最大各2台までに変更

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月4日, 午後09:47 in Playstation 3
350 シェア
22
212
48
36
32

連載

注目記事

人気記事

ソニーが PlayStation Store で販売するダウンロード版ゲームの起動制限を変更し、従来はPS3とPSPそれぞれ5台までの認証機器で利用できたところを、今後はそれぞれ2台までに減らすことを発表しました。ストアの利用にはPlayStation Network (PSN) アカウントが必要ですが、ダウンロードしたゲームで遊ぶには、購入したアカウントとひも付け (機器認証) したハードウェアを使う必要があります。今回の発表は、この「機器認証」できるハードウェアの台数がPS3とポータブルでそれぞれ別に2台までに変更されるという内容です。

従来は余裕のある5台だったために認証の仕組みを意識することもあまりありませんでしたが、変更後は最大2台までになったことで、買い換えや修理(メイン基板交換) などのタイミングで購入コンテンツがそのままでは遊べなくなる場合があります。その場合は改めて機器の認証・解除が必要。変更しようにも故障や紛失で触れない!ときのため、ウェブでも半年に一回の制限付きで全機器の一括登録解除の仕組みが提供されます (近日公開予定)。

1台買って大事に使う一般的なユーザーには特に影響がなく、モデルチェンジや限定版のたびに買い換え・買い足しする熱心なファンには多少手間が増える変更です。実施されるのは11月18日のPS Store メンテナンス以降に購入したゲームコンテンツについてのみ。それ以前に購入したものについて溯って適用されることはありません。

なお、PSPの2台には現行のPSPつまり PSP-1000/2000/3000と、ある種ステータスシンボル的な希少ハード PSP go のほか、12月発売の Vita もカウントされます。胸ポケットに収まるサイズからPSP go を映像持ち出しやDL版ゲーム用に持ち歩き、同時に通常のPSPをUMDゲームとDL版ゲームに併用するエリートにとっては、当然のごとく発売日に Vita を購入したとき、万感の思いを込めた認証解除式が執り行われることになりそうです。
350 シェア
22
212
48
36
32

Sponsored Contents