アドビがモバイルブラウザ向け Flash の開発を終えるようです。これは米ZDNetが、明日発表予定とされる情報をリークとして報じたもの。現在、アドビはモバイルブラウザ向け Flash を Android と RIM の PlayBook 向けに提供していますが、報道によるとこれらの開発は終了となり、今後はサポートのみに留まるとのこと。これから同社はモバイル方面では Flash のコードをネイティブアプリに変換するパッケージ機能に注力することになります。Windows / Mac / Linux のデスクトップ向け Flash はもちろん継続。あわせて、HTML5 ベースの開発環境整備も進んでいく見込みです。

アドビは Flash / AIR をマルチプラットフォーム構想の要を位置付け、非対応を続ける iOS をめぐっては、アップルと派手なごたごたを繰り返していました(ジョブズによる絶縁状We ラブ アップルなど、いま振り返ってもハイライトシーン多数)。しかし、けっきょくアップルからはっきりとノーを突き付けられたことで(「Flashは栄えたようだが衰えつつあり、これからはHTML5だろう」スティーブ・ジョブズ談)、構想の実現からは大きく後退。盟友となるはずの Android / Google も原則としては HTML5 を推進する立場であることは変わらず、けっきょくモバイルブラウザ向け Flash は「アップルが切り捨てて世の中から消えたもの」リストの一員に加わることになりました。「Flashが動くほうのスマートフォン」をPRしていたメーカー、キャリア各社の心労をお察しします。

ちなみにアドビは明日、アナリスト向けの決算会見を行う予定ですので、発表はその前後で行われると思われます。また、同社は四半期決算の公表に続き、750名のリストラ計画もあわせて発表しています。

追記:
正式に発表されました

アドビ、Android ブラウザ向け Flash の開発を終了へ(ZDNet報道)
広告

0 コメント

広告