リークどおりの正式発表です。アドビはここ数年、 Android や RIM の PlayBook 向けに提供してきたモバイルブラウザ向け Flash の開発終了を発表しました。モバイル向けでは近く発表される予定の Flash Player 11.1 が最後のバージョンとなり、あとはバグフィックスやセキュリティ・アップデートの提供だけが行われる計画です。アドビは今後、Flash のモバイル戦略として Adobe AIR を利用したネイティブアプリへの変換機能を推進していくことに。デスクトップ向けについては開発が継続され、Flash 12 へ向かうということですが、「Flashに対応しておけば大丈夫」というマルチプラットフォーム構想が建前としても無くなってしまった以上、Flash環境全体の価値が損われてしまった感は否めません。

また、これからアドビはどうするの、という疑問に対しては、HTML5へ「さらに積極的な貢献」を行う方針が示されました。「HTML5は今や主要なモバイル端末で広くサポートされており、HTML5のみに対応している場合もある。このため、モバイルプラットフォーム環境のブラウザにおいてコンテンツを作成し、展開するには、HTML5が一番のソリューションである」とのこと。こうなった以上はこう言わざるを得ない、潔いコメントです。発表文では、未来は HTML5 と次世代 Flash! という形でまとめてはいるものの、もはや HTML5 への速やかな移行(およびHTML5 開発環境でのアドビ製ツールの普及)をアドビ自身が望んでいるようにも見えます。今後、Flash には HTML5へ円滑に移行できる機能も加わる予定とのこと。

というわけでモバイル向け Flash をめぐる長い議論は、このような結末になりました。明日からは HTML5 のありかたを巡る戦いが主戦場となるのでしょう。それにしてもアップルの「選択と集中」戦略で iOS から見放されたモバイル向け Flash が、アドビ自身の「選択と集中」により切り捨てられるというのは、なんとも皮肉です。

正式発表:アドビ、モバイルブラウザ向け Flash の開発を終了。HTML5へ注力
広告

0 コメント

広告