日本人には親しみ深い独楽遊びのひとつである喧嘩ごまに、技術者たちが本気で取り組む「全日本製造業コマ大戦」が開催されます。喧嘩ごまといえば世代によってはベーゴマとして、あるいはベイブレードとして熱中した経験がある方も多いであろう歴史ある遊戯ですが、今大会はその最先鋭といったところ。開催日は2月2日、工業技術・製品の展示会テクニカルショウヨコハマ2012の2日目です。主催するのは製造業者集団「心技隊」。

レギュレーションについて、まず無難なところを挙げていくと:
  • 参加者は法人またはグループ
  • コマが土俵の外に出るか、先に止まると敗北
  • 2連勝で勝者決定
  • 土俵は径250mm、ケミカルウッド製
  • コマの径は20mm以下
  • コマは指で回す
一方、エクストリームな部分は:
  • 参加費用は競技出場のコマそのもの
  • 材質制限なし
  • 重量制限なし
  • 優勝者はコマを総取り
伝統も織り込んだなかなか情け容赦ないルールとなっています。いったいどんな未来的コマが登場するのか想像におよびませんが、材質重量ともに自由ですのでタングステン合金ごまくらいなら充分可能性はあります。ただし、コマそのものは指で回転させなければならないという点も勝敗を左右するあろう重大な要素です。技術者たるもの無限の回転くらいは習得していて当然ということでしょうか。

全日本製造業コマ大戦の出場枠16はすでに埋まっており、今からではキャンセル枠の申し込みのみ。協賛スポンサーは募集中。出資するとロゴが土俵にプリントされます。

技術者による本気の喧嘩ごま大会「全日本製造業コマ大戦」2月開催、材質自由
広告

0 コメント

広告