CES 2012 のインテル基調講演で、" Medfield " プロセッサ Atom Z2460を採用する初のスマートフォン Lenovo K800 が公開されました。インテルはずっとARMのターン!が続くスマートフォン市場を自社の x86(IA) で奪うべく、超低消費電力の Atom SoC を更新するたびに「スマートフォン向け」を謳ってきましたが、K800 は世界初の Medfield 搭載 Android 端末として本当に市販される予定の製品です。

中身の Atom Z2460は32nmプロセスのシングル " Saltwell " CPUコア(1.6GHz, HT対応)、PowerVR SGX540系グラフィックなど。プロセッサとしては「ほかの現行ARMベースプロセッサ」以上の処理能力と、同等以上のバッテリー駆動時間を実現可能と表現されています。

初の採用製品であるレノボK800の仕様は、4.5インチ720p 液晶ディスプレイ、HSPA+ (LTEなし)、背面にISO 3200の8Mピクセルカメラ+ デュアルLEDライト、802.11b/g/n WiFi とBluetooth 3.0など。公開されたプロトタイプで動いていたのはAndroid 2.3。筐体は特に薄くも分厚くもない一般的な形状ですが、直線的に角が絶たれて下からみると8角に見えるソリッドかっこいい系のスタイルです。

下はCESの関連イベントに持ち込まれたプロトタイプのギャラリー。Androidマーケットがなくベンチマークアプリを動かすことはできませんでしたが、ウェブのJSテスト Sunspider では1971ms。あくまで試作機とはいえ、Galaxy Nexus の1985msと誤差範囲内で同格です (低いほうが速い。iPhone 4Sは2200ms台、iPhone 4 や Galaxy S2 はおよそ 3600 〜)。レノボ K800 は今年Q2に中国 China Unicom向けに販売される予定。インテルはモトローラ(現在はGoogle傘下) とも複数年・複数デバイスにわたる Atom プロセッサ採用契約を発表しており、今年の後半から実際の製品が出荷される予定です。

レノボK800 " Medfield " (Atom Z2460) 採用スマートフォン

See all photos

32 Photos