Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

Google Checkout で個人情報流出、Google は不具合を認める

Haruka Ueda
2012年1月13日, 午前11:00 in Android
738 シェア
77
403
101
77
80

注目記事

人気記事


先日より話題となっていた、Android マーケットでアプリを購入すると、住所や氏名などの個人情報が開発者側に提供されてしまうことがある問題で、Google が決済システム Google Checkout の不具合を認め謝罪しました。Google のことなので、てっきりそういうオープンなポリシーになったのかと思った方も少なくないはずですが、ストリートビュー車で無線 LAN の通信内容を傍受して回ったときと同様、「うっかり」だったようです。Google は経産省と総務省に問題を報告済。言わずもがな、個人情報保護法違反として今後捜査の対象となる可能性もあります。

システムの不具合は今月12日までに修正されており、現在は住所の一部やメールアドレスなどの提供に留めているとのこと。しかし、不具合以前にメールアドレスが開発者へ提供されていることを知らない方も多いかもしれません。Android アプリ開発者の方々にしてみれば、欲しくない個人情報まで渡されるわけで、ただでさえカレログだ App Log だとマルウェアや悪質なアドウェアが問題視されるなか、わざわざ Android マーケットのリスクを自分たちで高めるようなことをしなくてもという感じでしょうか。

気になるのは、不具合がいつから始まり、どれだけの人が、なぜ対象となったのか、全体でどれだけの個人情報が漏洩したのかです。そもそも、Google がいつどの経路で得たユーザの住所を使っていたのかも謎(Google Checkoutの登録情報だけ? キャリア決済の場合は?)。現在は報道が先行しており、Google 公式ブログなどに情報はまだ掲載されていませんので、一刻も早くユーザに対する情報公開を望みたいもの。それにしても一番おそろしいのは、Google がなにをやらかしたところで Android ユーザは他へ簡単に乗り換えるわけにもいかず、ましてや Google のサービスすべての利用を取り止めるなど、もはやできない状態に私達があるということかもしれません。
738 シェア
77
403
101
77
80

Sponsored Contents