CES 2012 も終わり、またアップルのターンです。Bloomberg が、例によって匿名の関係者証言として、そのうち登場するに違いない iPad 3 の情報を掲載しています。記事によれば、なんでも次の iPad は4コアのプロセッサを搭載し、高速通信規格 LTE に対応するとのこと。おまけに従来より高解像度のディスプレイを採用するという情報もあって、事実であればアップルファンにとって嬉しい、事実でなければアップルにとって余計なハードル上げが進んでいます。

プロセッサの話で言えば、ライバル各社が高速化を進める中で、ほぼ一年に一度の製品サイクルを続けるアップルが「iPad 3 も Apple A5 です」と言うのはちょっと考えられない話です。他社からは 4コアの Tegra 3 採用製品も続々発表されており、次の iPhone と iPad も4コアになるのは十分に期待されるところです。

LTE についても話は同じで、他社からすでに対応製品が登場している以上、アップルがこのタイミングを逃せばまた来年ということになりかねません。同社が LTE 技術者を採用しているという、ささやかな傍証もあります。となると論点は、iPad 3 から LTE に対応するのか、それとも iPad は後回しで iPhone 5 から対応になるのか。それから一口に LTE といっても周波数帯がいろいろあるなか、米国でいえば AT&T に対応するのか、Verizon に対応するのか、その両方か。そういえば Sprint から WiMAX iPhone 5 が出るという噂もありましたが、Sprint 自身が WiMAX から LTE へ移行する計画を発表しており、実現は疑わしくなっています。いずれにせよ LTE 対応 iPad / iPhone が登場すれば、国内唯一の LTE 事業者であるドコモが取り扱う可能性について再々々々々度話題になるのは確実です。

ディスプレイの高解像度化は iPad 2 でも期待されながら見送られた点です。ただ、現行アプリとの互換性を考えれば、中途半端な高解像度化はイメージしにくいところ。かといって 2048 x 1536 解像度という iPad 版 Retina Display の夢が現実となるかは蓋を開けてみないと分かりません。ここでもライバルと比較すると、Acer は Iconia Tab A700 は 10.1インチで 1920 x 1200 解像度。

19日の発表会でひょっこり発表されることはないと思いますが、例年通りで3-4月の発売であれば、これから正式発表まで、ますますリークと期待と妄想が渦巻くことになりそうです。
iPad 3 は4コア、LTE、高解像度ディスプレイ採用?(Bloomberg報道)

0 コメント