インターネットイニシアティブ(IIJ)が、LTEに対応したデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」を開始します。ドコモ回線を利用した MVNO で、ドコモの LTE、すなわち Xi と同等の下り最大75Mbps / 上り最大 25Mbps の通信速度を実現しています。

面白いのは料金プランで「ミニマムスタート128プラン」では、月額945円から。ただし945円で利用できるのは最大128kbpsまでで、LTEを利用するためには525円/100MBのクーポンを別途購入する必要があります。音声通話には対応しませんが、いざという時は LTE も使える格安 SIM として、いわゆる「イオンSIM」の強力なライバルとなりそうです。

さらに興味深いのは「ファミリーシェア1GBプラン」のほう。月額2940円と高価なかわり、標準で1GBぶんのLTE利用クーポンが毎月提供され、1契約で SIM が最大3枚まで利用可能です。クーポンぶんを使いきったあとはやはり最大128kbps。LTE 利用の追加クーポンが525円/100MBというのも同じ。ファミリーと名前はついていますが、どちらかというと3種類のデータ端末を1契約で安くまとめたい人向けのような気もします。

いずれもサービス開始は2月27日から。初期費用は3150円。普通サイズの SIM と micro SIM で選べます。最低利用期間は課金開始時の翌月末までと、年縛りがないのもポイントです。肝心の LTE 対応端末がまだまだ十分にはない状況ですが、ドコモ自身も Xi は 7GB 規制がありますし、LTE 対応 iPad 3 のアンロック機などが出回ったときには面白い選択肢になりそうです。

なお、IIJ 自身も 802.11n に対応したネットインデックス製の LTE モバイルルーター NI-760S を発売します。最大10端末にWiFiテザリング可能で、LTE 利用時の連続通信時間は5時間。重さ108g。2月27日の同時発売で、価格は2万4780円。発売を前に、Twitterを使ったプレゼントキャンペーンが実施中です。

訂正:初出ではミニマムスタート128プランを月額980円と書いておりましたが、正しくは945円でした。お詫びして訂正します。