軍用ロボットの実用化を着々と進める米国防高等研究計画局 DARPA が、今度は遠隔操作で兵士の「代理」となって働く二足歩行ロボットの開発計画「Avatar プロジェクト」を開始します。DARPAの2013年度予算に700万ドルを獲得したアバター計画とは、「兵士と協力し、代理として行動できる半自律二足歩行マシンのインターフェースおよびアルゴリズムを開発」するプログラム。

米軍ではすでにキャタピラ走行の作業用ロボを遠隔操作して爆発物の解除などに用いており、また各種センサーや武器を括りつけて威力偵察などにも応用を進めています。しかしアバタープロジェクトではわざわざ「セミオートノマスでバイペダルな」、つまり半自律二本足でより人間に近い機械を使うことが新しい点。

また二脚ロボットが対応すべき状況としては「室内制圧、セントリーコントロール、戦闘負傷者回収」が挙げられており、生身の兵士と協力して矢面に立つ状況での利用を想定しているようです。なお、上の写真は運搬用4脚ロボ LS3 のメーカー Boston Dynamics がDARPAの資金で開発中のヒューマノイドロボ PETMAN

ペットマンは化学防護服のテストのため人間の歩行や匍匐といった動作を再現することが目的とされていましたが、LS3 のように半自律で動けるようになれば「アバター」にこれほど最適なプラットフォームもありません。続きの動画は Avatar とは(まだ)無関係な PETMANの試験風景。