昨年、マイクロソフト Office for iPad の噂を報じた iPad 新聞 The Daily が、今度は写真つきで続報を伝えています。実際に触れてみたという The Daily の話によれば、Office for iPad は Word、Excel、PowerPoint の各ファイルをローカルで、またはオンラインと連携して作成・編集できるアプリになっているとのことです。

操作感はすでに MS が iPad 向けに提供している OneNote アプリに近いものの、部分的に Metro インタフェースも採用されており、その OneNote アプリも今後あわせて Metro 化されるという話です。いわく、MS はまもなく Office アプリをアップルに申請する見込み。こうなると当然、次は Android 版かという感じになりますが、その計画はないと説明されています。

マイクロソフトはもちろんこの噂を否定しており、New York Times に対して「The Daily の記事は誤った噂と憶測に基いている」とコメント。件の写真についても「マイクロソフトのソフトウェアではない」と否定しています。

とまあ、ここまでならリーク報道と公式による否定という、ありふれた流れ。話がおかしくなってくるのが、マイクロソフト広報の公式 Twitter アカウント @MSFTnews の発言です。@MSFTnews は「The Daily には敬意を払うが、遺憾ながら誰かが間違った情報を伝えてしまったようで、正確なことは『数週間以内』に明らかになる」と、わざわざ "coming weeks." とクォーテーションをつけて Tweet しており、もうぜんぜん否定するつもりが見られません。さて、iPad 3 ローンチには間にあうでしょうか。