新 iPad イベントでの発表どおり、アップルが iOS 5.1 アップデートの提供を開始しました。iPhone 3GS以降 / iPod touch / iPad 本体からすでにダウンロードが可能です。アップデート内容の目玉は、音声アシスタント Siri が日本語に対応すること。ただし「初期のサービス開始時には使用が制限されている場合があります」との奇妙な注意書きがあり、アップデートから遅れて使えるようになるようです。(追記:Siriの日本語はアップデートしてすぐに利用できました)。

また au 版 iPhone 4S のユーザーには待望の、FaceTime 通話と iMessageに対応します。
フォトストリームからの写真個別削除も要望が多かった (対応しないおかげで機能ごとオフにしていた人も多かった)機能。このほか iPad用のカメラアプリ再設計、iPhone 4S / 4 / 3GS / 4th Gen iPod touch のロック画面にカメラショートカットを常時表示、バッテリー駆動時間が短くなるバグの修正など。詳しくは続きのリストをどうぞ。



  • Siriで日本語をサポートします(初期のサービス開始時には、使用が制限されている場合があります。)
  • フォトストリームから写真を削除できるようになりました
  • iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるようになりました
  • カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされるようになりました
  • iPad用のカメラAppを再設計しました
  • iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト
  • iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるように最適化しました
  • 再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール
  • KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加しました
  • バッテリーの寿命に影響するバグを解決しました
  • 発信側の音声が途切れることがある問題を修正しました
アップル iOS 5.1 提供開始:Siri 日本語、auでFaceTimeとiMessage、フォトストリーム個別削除など
広告

0 コメント

広告