Firefoxウェブ業界で数多進行している局地戦のひとつ、H.264 と webM をめぐる HTML5 ビデオコーデックの問題で、webM 派閥だった Mozilla / Firefox が H.264 のサポートに転向します。Mozilla Foundation の理事長である Mitchell Baker 氏と、CTO の Brendan Eich 氏が相次ぎ、ブログで H.264 サポートの意向を表明しました。

今日の代表的な動画コーデックとなった H.264 は、さまざまな企業が特許を保有しており、現在はアップルやマイクロソフトが参加する特許管理団体 MPEG-LA が各社へライセンスを提供するかたちになっています。インターネット動画配信についてはライセンスが恒久的に無料で提供されるため、H.264 対応ブラウザを利用するとお金がかかるということはありませんが、「オープン」でないことに変わりはないため、Mozilla は H.264 のサポートを行ってきませんでした。

同じく反 H.264 派である Google は、この問題を解決するため企業買収によりオープンフォーマットの webM(旧 VP8)を提唱。Mozilla や Opera は webM (と Ogg Theora)派となりましたが、一方でアップルや MS が webM をサポートするはずもなく、むしろ疑問視する状態。次世代スタンダードとなるはずの HTML5 において、動画コーデックは H.264 と webM に二分化されるという悲しい状況が続いていました。



そんな中で不思議なのは Google の動向です。同社は自社ブラウザの Chrome で H.264 のサポートを取り止めるという大きな決断を下しましたが、そのわりに Chrome は今も H.264 に対応し続けています。また Chrome には H.264 に対応する Flash が同梱されているため、たとえ将来的に H.264 の HTML5 ビデオが見られなくなっても、Flash 経由では H.264 動画を視聴できることに変わりはありません。

ここで微妙な鍵を握るのが Flash を開発するアドビの存在です。アドビは Flash での VP8 のサポートを2010年に予告していましたが、今のところ実現していません。そして、アドビはモバイル向け Flash の開発を中止しました

するとどうなるか。webM を一番に推進するはずの Google は、Chrome では Flash のおかげもあって H.264 も webM も対応する形になります。また Android も H.264 と webM の両方をサポートしています。しかし、Mozilla は H.264 対応を Flash に依存する形になり、モバイル向け Flash がなくなった今、これから Mozilla が力を注ぐはずのモバイル OS "Boot to Gecko" やモバイル向け Firefox は H.264 非対応となってしまいます。これはまずい、中ぶらりん、というのが Mozilla の危機意識であり、「戦いに負けた」と認めながらも H.264 サポートへ乗り出す理由です。「モバイル分野で戦うためには H.264 は今現在、絶対的に必要」(Brendan Eich 氏)なのです。

オープンかプロプライエタリかというのは、確かに重要な観点でしょう。しかしユーザにとっては利便性あってこそのブラウザであり、ベンダにとってはユーザの支持を集めなければなにも始まりません。世間のカメラを見ても、YouTube を含む動画配信サービスを見ても、主流は明らかに H.264 である以上、Mozilla の決断はけっきょくユーザにとって一番良い形になったと言えそうです。そして Brendan Eich 氏が言うとおり「一戦には敗れたが、戦争は続く」のです。
Mozilla が H.264 をサポートへ、webM 一本化を断念
広告

0 コメント

広告