マイクロソフトが Windows 8 のエディション構成を発表しました。うちわけは無印の「Windows 8」、ビジネス向けの「Windows 8 Pro」、そしてARM版のみの「Windows RT」(Winwos "8" RTではなくWindows RT)。

Windows 8 は従来の x86 / 64 プロセッサPC用だけでなく、スマートフォンや iPadなどと同じARMプロセッサで動く別バージョン「WOA」の追加が大きな特徴です。しかしエディション構成は Windows 7 よりもシンプルになり、実質的には無印 Windows 8 とWindows 8 Pro の2エディション と、 ARMタブレットなどにプリインストールでのみ提供される Windows RT の3種類になりました。それぞれの特徴は:


・Windows 8 (x86 / 64)

いわゆる通常版。ほとんどのコンシューマーにとってはこれがWindows 8 になる。システム言語の変更など、かつては上位版 (エンタープライズ / Ultimate ) にしかなかった機能も含む。Windows 7まででいえば、Starter / Home Basic / Home Premium をあわせた位置づけ。また中国および一部の新興市場向けには単一言語版も用意されるため、Windows 7 でいえば Starter も含んでいます。


Windows 8 Pro (x86 / 64)

ビジネス向け。ドメイン参加や暗号化、仮想化、管理系など、ビジネス用途の特定機能が必要な場合。Windows 7 にあったマニア向けのUltimate は Pro に合流。


・Windows RT (ARM)

ARMプロセッサのタブレットやPC向け。プリインストール提供のみ。x86 / 64向けと同じく Metro スタイルのスタート画面と従来型デスクトップを備え、タッチ最適化されたデスクトップ版のWord、Excel、PowerPoint、OneNote を含む。ただし新ランタイム WinRT で作られたアプリしか動かない。従来の x86 / 64 アプリやデスクトップアプリとは非互換。かつて WOA (Windows on ARM)と呼ばれていた製品。互換性について詳しくはこちらの記事を参照


無印と Pro の違い、x86/64 エディションと RT の違いについては下に続きます


更新:初出で一部 " Windows 8 RT " と誤記していた部分を修正。正確には 8 のつかない " Windows RT " です。お詫びして訂正します。



.
各エディションの対応・非対応機能については、リンク先の Windows Team Blog に長大な比較表があります。短く再構成すると、まず無印とPro の差は、Pro が以下のエンタープライズ向け機能に対応すること。

・BitLocker and BitLocker To Go
・Boot from VHD
・Client Hyper-V
・Domain Join
・Encrypting File System
・Group Policy
・Remote Desktop (host)

Proは原則的に 無印の上位互換ですが、Windows Media Center のみはアドオンの " media pack " で提供されます。
速報:Windows 8 は2+1エディション構成、Windows 8・Windows 8 Pro・Windows RT
広告

0 コメント

広告