ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)が、ネットワークレコーダ&メディアストレージ『nasne』を今年7月19日に発売すると発表しました。nasne (ナスネ) は地デジ / BS / 110度CSデジタルチューナーと500GB HDD を備えたネットワーク対応レコーダ。付属するPlayStation 3 のアプリ torne や VAIO用アプリ VAIO TV with nasne などから操作することで、衛星デジタルを含むテレビ番組の視聴や録画に対応します。

従来のPS3用 地デジレコーダキット torne は、アプリの torne とUSB接続の地デジチューナーがセットになった製品でした。nasne はチューナーが3波対応にパワーアップしたほか、PS3が必須のUSB接続機器ではなくホームネットワーク(LAN)接続機器になったことで、PS3 のほかさまざまな機器と直接連携することができます。

ストレージ部分はファイルサーバおよびメディアサーバ機能も備えており、PS Vita や Xperia 、ソニータブレットといった機器に映像や音楽コンテンツを配信することができます。メディアサーバはDLNA 1.5に対応し、デジタル放送などDTCP-IPストリームを同時に2本配信可能。つまりネットワークにつながった二つの機器で同時に見られます。録画番組以外のプライベートコンテンツのDLNA配信もソフトウェアアップデートで対応予定。内蔵500GBのほか、USB接続でストレージを追加することも可能。

またソニー/ソネットの「Gガイド.テレビ王国 CHAN-TORU」を利用することで、さまざまな機器でウェブ越しに録画予約の登録が可能です。

価格は 1万6980円。PS3と併用すれば待望の衛星デジタルチューナー&ストレージになり、1台のPS3に最大4台までの nasne + torneを登録することで5番組同時録画も可能。torne は初夏にリリースされる v4.0から nasne に対応する予定。

さらに、年内にも PS Vita 向けに「torne for PS Vita (仮称)」が提供される予定も明らかになりました。torne for PS Vita では、Vita から Wi-Fi 経由で直接 nasne にアクセスし、テレビ番組のライブ視聴や録画予約などが可能。またnasne は録画と同時に書きだし用ファイルを生成するため、Wi-Fi で書き出し用ファイルを Vita に転送することで、ネットワーク接続のない外出先でも録画番組を楽しめます。

SCE 『nasne』 (ナスネ) ネットワークレコーダ&メディアストレージ

See all photos

8 Photos