バッファローが電源タップの新製品「Line Tap (ラインタップ」を発表しました。ケーブル上に計3個の差し込み口が分散しており、部屋に家電が分散していても一本ですっきりと配線できることが売り。長さは2メートル・3メートル・5メートルが用意されており、コンセントの間隔はそれぞれ0.6m、0.95m、1.6m。助けを呼べる隣家との距離くらい離れています。

そのほかの仕様は180度動くスイングプラグ、二重被覆ケーブル、根本が黒いトラッキング現象防止プラグなど。定格容量は標準的にAC125V、15A、計1500Wまで。カラーは写真の黒のほか白も用意されます。バッファローダイレクト直販の価格は2m 1280円、3m 1480円、5m 1880円。となりと干渉する大きなアダプタやケーブルをどう始末するかは電源タップの課題でしたが、たしかにこれならば各自のびのびできそうです。発売は5月下旬。
ケーブル上に3個口を分散させた電源タップ「Line Tap」

0 コメント