appleの最新記事

Image credit:

次期 iPhone はディスプレイ大型化、「最低でも4インチ」(WSJ報道)

Haruka Ueda
2012年5月16日, 午後10:15 in Apple
1515 シェア
893
406
41
51
124

注目記事

人気記事


たびたび耳にしているような気がする「今度の iPhone はディスプレイが大きくなるらしい」の噂を、今回は Wall Street Journal が関係筋から得た情報として報じています。いわく、ディスプレイは「最低でも4インチ」と、初代からの伝統である3.5インチから一回り大きくなるとのこと。また製造には LG、シャープ、ジャパンディスプレイ(= ソニー + 東芝 + 日立製作所)の3社が関わっており、来月から生産が始まるという情報です。

ごぞんじの通り Android はハイエンド機の巨大化がどんどん進行しており、最大のライバルであるサムスンは Galaxy S III に 4.8 型・1280 x 720解像度ディスプレイを搭載してきました。もちろんディスプレイは大きければ良いというわけではありませんが、比較されたときに画面が小さく見えてしまうことは避けられず、かといって長年このサイズに慣れてきたユーザの感覚を容易に裏切ることもできず、とアップルにとってはなかなか悩ましい状況です。iPhone 4 ではサイズ据え置きで解像度4倍という秘策を持ち出してきましたが、果たして今回はどう出るのでしょうか。



また、ディスプレイサイズも解像度も当初からフリーダムであることを想定して作られた Android と異なり、iPhone の場合はただディスプレイを拡大させて、解像度もそれにあわせて増やしただけでは、従来アプリとの互換性はどうなるのという問題もあります。もっとも、これは iPad 発表時のように「開発者は頑張ってどの端末でも綺麗になるよう作ってね」で済まされる可能性も十分に考えられるところです。

Source: WSJ
関連キーワード: apple, iphone, wsj
1515 シェア
893
406
41
51
124