ソフトバンク夏モデル発表会では全機種プラチナバンド対応や放射線測定スマートフォン PANTONE 5が話題になっていますが、モバイルWiFiルータ ULTRA WiFi 4G でも102HW (ファーウェイ) / 102Z (ZTE) の2機種が登場しています。

写真の102HW は SoftBank 4Gサービス(AXGP方式)に対応し、下り最大110Mbpsの「国内モバイルデータ通信サービス最速」端末。下り最大42Mbpsの ULTRA SPEED (W-CDMA / DC-HSDPA方式)にも両対応します。上りは最大10Mbps。また公衆無線LAN接続にも対応し、自動回線切り替えでソフトバンクWi-Fi スポットにも接続できます。


無線LAN部分は 802.11b/g/n に対応。複数アンテナのMIMO接続では、規格上最大300Mbpsの通信に対応します。そのほか同時接続10台まで、microSDXC対応スロット搭載でカード内ファイルをLAN共有できるNAS機能、約3000mAhの大容量バッテリーなど。サイズは104.8 x 66 x 15.5mm、重さ約135g。発売はしばらく後の2012年9月以降。


もう一機種の 102Z (ZTE製) のほうは、SoftBank 4G が下り最大76Mbps、ULTRA SPEED が下り最大42Mbps、ソフトバンクWi-Fiスポット対応モデル。102HWとの違いはAXGPの最大速度のほか、微妙に細く約5g軽い、バッテリーが約2800mAhでやや少ない、無線LANが802.11b/g/n 対応でもMIMO 300Mbpsを謳っていない、白いといった違いがあります。102Zの発売は8月以降。
下り110Mbps対応モバイルルータ ULTRA WiFi 4G 102HW発表、AXGP / 3G 両対応

0 コメント