Image

Google の創業者セルゲイ・ブリンが米国のテレビ番組 The Gavin Newsom Show に出演し、グーグルメガネこと Project Glass や 次世代技術研究所 Google X について語りました。一時間のフルインタビュー内容は6月1日に公開予定ですが、Project Glass 試作品の実物を披露する場面の一部は続きに掲載した予告動画で見ることができます。

興味深い点のひとつは、ホストにGoogleメガネを着けさせ写真を見せる場面で、着用者から見て右手側のツル側面にあるトラックパッドに指を滑らせて操作していること。上の写真ではちょうど反対側にあるトラックパッド (的ななにか)に指を当てています。また指があたった部分の上の面にはボタンらしきものもあります。



Google のメガネ型端末 Project Glass といえば、最初のイメージ動画では音声コマンドや頭(視点)を動かして操作する様子が示されていました。また開発主導者のひとり Sebastian Thrun 氏が別のインタビュー番組に出演した際には、ツル部分に指をやってシャッターを切るらしき操作が映っています。

またGoogleは、ウェアラブル端末の操作について大量の特許を出願・取得していることでも有名です。市販版や将来のモデルがどうなるかはともかく、現行の「ラフな試作品」(ブリン) では、側面にタッチするハンズフリーではない操作が少なくとも一部として含まれていることが改めて確認できました。(ただしGoogle+ などで関係者が続々と公開している Project Glass 撮影写真では両手を離したものが非常に多いため、インターバルやタイマー、音声などハンズフリー撮影の方法もあるようです)。

Project Glass はいつ製品化されるのか、たとえば2年、5年、10年計画なのかと問われたブリンの回答は、「できれば来年にも売りたいと思う」。イメージ動画のようにスマートフォンの置き換え以上の高機能を備えるモデルでないにしろ、少なくとも撮影と共有ができる現行プロトタイプ程度ならばあまり待たずに購入できそうです。


Googleメガネ Project Glass は「来年にも発売したい」(セルゲイ・ブリン インタビュー動画)
広告

0 コメント

広告