任天堂のネット発表会「ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012」は日本時間で6月4日月曜、朝7時から開催です。

会場は:

任天堂公式特設ページ
Ustream
ニコニコ生放送

上の埋め込みプレーヤでも同じ映像を見ることができます。

形式はいつものように録画放送で、中身は「Wii U のコンセプトに関する内容に絞り込んだ」もの。3DSの新発表や、Wii U 個別タイトルについては含まれないと事前に告知されています。Wii U の具体的なゲーム内容については、日本時間水曜深夜午前1時からのE3プレゼンで発表になる予定。

(更新:放送終了。大きな発表は、

コントローラの正式名「Wii U ゲームパッド」発表
- コントローラの改良。スライドパッドをスティックに。十字下にNFCリーダライタ。
- またスタンドアロンで使える赤外線タッチリモコン機能。Wii U本体とテレビの電源も入れられる
- 従来型コントローラに近い Wii U PRO コントローラ。マルチタイトルをテレビ中心でプレイする場合、GamePadが重そう・大きそうというプレーヤーのため。

Wii U から利用できるコミュニケーション機能「Miiverse」
- システムに、ニンテンドーネットワークとつながったTwitter的なコミュニケーション機能を組み込み。ゲームについて、テキストのほかスクリーンショットや手書きもつぶやける (具体的に不明な「ネタバレ対策」組み込み)。
- すべてのゲームにMiiverse は用意される。オンラインゲームや対戦でなくても、一人用ゲームを遊んでいる場合でも、手元の画面にはおなじゲームを遊んでいる友人や、面識のない世界のプレーヤーの Mii が集まり勝手につぶやく。時間も場所も同期する必要がない。
- Miiverseはテレビで全画面プレイしつつ、手元に映して見たいときに見ることが可能。能動的にメッセージを送ってコミュニケーションするもよし、ただ同じゲームがどう遊ばれているのか眺めるもよし。
- Miiverse は Wii U だけでなく携帯やウェブ、さらに3DSや今後の任天堂プラットフォームにも対応する仕組みとして設計。

具体的なゲームタイトルへの組み込みは6日のE3プレゼンで発表。)

岩田社長によるプレゼンの様子は、続きに逐次要約と画像付きで掲載しています。 ニンテンドーダイレクト Pre E3 2012 (6月4日午前07:00から)


7:01AM 放送開始。背景は額に入った「独創」。


7:03AM 岩田社長登場。Wii U コントローラについて。


7:03AM Wii U ゲームパッドと命名。


7:04AM 任天堂がかつてNES / ファミコンを発表した際、それまでの(突き出た)スティックから初めて(平らな)十字キーを使ったことから、「ゲームパッド」と呼ばれるようになった。


7:04AM その歴史と、平らなパッド状であることを踏まえて「Wii U ゲームパッド」と命名。


7:04AM 内外の開発者から意見を受けて、またゲームコントローラであることに徹するため、昨年の発表時からいくつか変更を施した。


7:05AM 変更点:左右のスライドパッドをスティックに変更。3DSなど携帯機ではスライド式のアナログパッドがベストと考えているが、携帯性を考えないWii U ゲームパッドでは、倒しこむことも、押し込む操作もできるスティックを採用した。また同時に、裏面もグリップが良くなるよう形状を変更。


7:06AM

十字キーの下にある四角はNFCリーダ・ライタ。カードなどをかざしてゲームと連携。(あるいは少額課金 etc)。

(編:ここまでの情報は、2週間ほど前のリークで掲載済み。)

さらに、右下の電源ボタンとなりにある新ボタンは「TVコントロール」。Wii Uの電源が入っていないときでも、Wii Uゲームパッドがスタンドアロンの赤外線タッチテレビリモコンとして機能する。



7:06AM Wii ではまずテレビのリモコンを使って電源を入れ、それからWii リモコンでWiiを起動していた。Wii Uではこのゲームパッドだけでゲーム機とテレビの起動ができる。さらに手軽に、気軽に始められる。


7:07AM 2画面を使うコンセプトをおさらい。DSと違い、2画面が固定ではない。みんなが見るテレビと一人がみるゲームパッドスクリーン。情報を非対称にできる。二つの画面を行き来する独特の操作感覚。


7:08AM ゲームパッドにはモーションセンサー・ジャイロセンサーがあり、またタッチに対応する。Wii リモコンがそうであったように、ゲーム熟練度の高い人も、そうでない人も、同じスタートラインで始めることができる。


7:09AM 画面つきデバイスとモーション操作の可能性は、3DSでも実現しているが、Wii U の処理性能でさらに可能性が広がる。具体的には水曜のE3発表で。


7:09AM また、本体からゲームパッド側への映像ストリーミングの機能。テレビを占有せず、ゲームパッド側の画面だけで、ひとりで、じっくり遊ぶこともできる。


7:10AM 「最高のグラフィックが、遅延なく」手元に映し出される。現行のゲーム機では不可能な、高度なグラフィックを手元で楽しめる。


7:10AM また多人数プレイでは、これまで1億9000万本以上が普及したWii リモコンや、そのほかWii 周辺機器が使える。


7:11AM さらに、Wii U ゲームパッドを持って長時間プレイは重くてイヤだという場合、ワイヤレスのWii U Pro コントローラも用意。(Wii のクラコンProをさらにXbox 360コントローラに近づけたような外見)

「主にマルチプラットフォームのゲームを、テレビ中心に楽しむかたのために」。


7:12AM ソフトウェア。Wii U の新しいコンセプト。Wii はリビングにいる家族や友人をつなげるマシンだった。Wii U では、そのつながりが新しいかたちに進化する。


7:12AM Wii U ゲームパッドを通じて、「他のリビングルームに居る人とも」つながる機能を飛躍的に向上させる。コンセプト動画。


7:14AM リビングルームでゾンビゲームを苦戦中。手元のWii U ゲームパッドから、Twitter的なメッセージングUIで助けを求める。すると。。。




7:16AM 外出先で携帯電話から見ていた友人にもつながる。次に助言してくれたゲーム友だちと、Wii U コントローラのカメラでビデオチャット。すると、相手はプレーヤーの祖父だった。


7:16AM Wii U ゲームパッドの画面に、Wii のMii 広場的なインターフェースが映る。豆粒のようなMiiが膨大に集まる。

7:17AM 開発中からの名前は「Mii わらわら」。広場にゲームアイコンが点在し、そのゲームを実際に遊んだひとのMiiが集まり、実際につぶやいた内容をつぶやく。


7:19AM 起動時に表示される画面には、現在あそばれているゲームのアイコンが並ぶ広場。実際に遊んでいるMii たちが集まり、実際に入力したつぶやきが吹き出しとして表示される。自分のMiiと友人・家族のMiiのほか、ネットワーク越しにあったことのないプレーヤーたちも表示される。


7:19AM 機能の名称は「Miiverse」。Mii + ユニバース。ミーバース。リビングルーム同士をつなぐコミュニケーションの仕組み。全世界のMii をつなぐ場。


7:20AM 非同期のコミュニティ機能。
Wii U プレーヤ同士が、そうそう、自分もそう思った!とか、あー、あるある!と感じられるような、共感のコミュニケーションを促進することを目的として新しく設計された、これからのニンテンドーネットワークの重要な柱となるネットワークサービス。

Wii U のすべてのゲームは、ゲームを終了することなくMiiverseを呼び出すことができる。

手元にタッチの大きい画面ができたため、テキスト入力やテキストを読むことが楽になった。


7:21AM テキストをブラウズするにあたっては、手元に画面があることが重要。いくら高精細で大画面になっても、遠くにあるテレビでは読みやすいとはかぎらない。テレビ画面の番組表と手元の番組表の違いのように。


7:21AM テキスト以外にも、手書きメモやスクリーンショットの投稿もできる。Mii は表情を選べる。

(これは3DSのすれ違い交換日記)

7:21AM コミュニケーション機能の問題点、ネタバレにも対応する。Miiverse 機能がシステムに組み込まれているため。


7:22AM 大画面で進行中のゲームそのものは邪魔をせず、手元にMiiverseを表示して、違う場所・違う時間に遊んでいるプレーヤーとの「共感のコミュニティ」を利用できる。

「プレーヤーとプレーヤー、リビングとリビングをつなぐ「ソーシャルウィンドウ」」。


7:24AM Miiverse はすべてのゲームに対して用意される。すなわち、ネット対戦や協力ゲームのようなオンライン対応ゲームだけでなく、シングル / ローカルのゲームであっても、別の場所・別の時間にあそんだほかのプレーヤーたちの感想や発言を眺めることができ、その気になればこちらからも発信したりからんだりできる。

同時に、システム側の機能としてゲームの外側にあるだけでなく、ゲーム開発者側がゲーム内にMiiverse のさまざまな要素を組み込んで活用することも可能。


7:25AM MiiverseはWii U 限定の機能ではなく、携帯やPCのブラウザからもアクセスでき、さらに3DS、将来のニンテンドープラットフォームからも使えるように設計した。


7:26AM そのほかWii U の本体ソフトウェアについて。

ブラウザも用意される。単に手元とテレビの両方にミラーリングしてブラウズするほか、ネット情報をリビングで友人などと見るときの機能として、テレビ側は一時的にカーテン、映したい画面まで来たところで開く機能がある。(たとえばログイン操作やプライベートな情報は手元で、皆に見せたいコンテンツを映したところで結果をテレビに etc。)


7:27AM 宮本茂の言葉を引いて、複数の問題をひとつの仕組みで解決するのが真の優れたアイデア。Wii の限界を解決するためにどうしても必要だったアイデアが、さらに多くの魅力につながった。


7:28AM 一人用のゲームでも、たとえ同じ部屋に一緒に遊ぶ人がいなかったとしても、ゲームの楽しみはひとりのものではなくなる。友人、あるいは世界で同じゲームを遊んでいる人と、非同期に楽しめる。


7:29AM 具体的なゲームタイトルのアイデアは、水曜深夜1時からのe3プレゼンで発表。


7:29AM 「それでは、またE3プレゼンテーションでお会いしましょう。ありがとうございました」。