Google puts Chrome on iPhone and iPad

Chrome や Google Drive に焦点をあてたGoogle I/O 2012 二日目のキーノートでは、まさかの iOS版 Chrome ブラウザが発表されました。特徴は多数のタブをカードのようにめくったり、左右フリックで行き来できる独自のタブインターフェース、サジェストや履歴にマッチする検索 / アドレス窓、またデスクトップや Android版 Chrome との同期機能など。

目玉の同期機能では、他のデバイスで開いているタブ一覧や履歴のほか、ログインパスワードも共有可能。Googleサービスへの自動ログイン機能も備えます。

アップルの制限からデフォルトのSafariを置き換えられるわけではありませんが、独自のタブUIやGoogleサービスとの親和性、他プラットフォームのChromeユーザーにとっては同期機能が魅力です。(Firefoxでいえば Firefox Home)。

iOS版 Chrome は iPhone / iPod touch および iPad ( iOS 4.3以降)に対応。本日このあとApp Storeでダウンロード可能になる予定です (追記:なりました)。続きに掲載したChromeのプロモ動画 Your Chrome, Everywhere では、開始40秒あたりから少しだけ iOS版も映ります。

Chrome (App Store)

追記:日本のApp Store でもダウンロードできるようになりました。

Chrome for iOS 機能紹介、使い方ガイド。独特のタブUIや同期の設定、併用すると便利な拡張機能など。


(デスクトップで Chromeを使い、携帯は当然 Android、でも4.0 ICS未満なのでChrome を使いたくても使えない皆様の無念はお察しします。ただ、 iOS の Chrome はデフォルトにできず他アプリとの連携が弱かったり、隣接するリンクをタップしたときに自動で部分拡大ポップアップ etc の独自機能も使えないなど、いわば「Chrome風」ブラウザのようなものです。Android版と同一というわけではありません)。
速報:Google、iOS版 Chrome ブラウザを本日提供。PCやAndroid版と同期
広告

0 コメント

広告