Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:

アップル、iPadの商標で中国Proviewと和解。6000万ドルを支払い ( 「iPAD」画像あり)

Ittousai , @Ittousai_ej
2012年7月2日, 午後02:27 in Apple
238 シェア
49
120
32
8
29

注目記事

人気記事

ポケモンGOの新ポケモン追加は12月8日?米スターバックスの「社内文書」また出回る。「ポケモンフラペチーノ」も

ポケモンGOの新ポケモン追加は12月8日?米スターバックスの「社内文書」また出回る。「ポケモンフラペチーノ」も

View

中国の iPad 商標問題に決着がつきました。広東省の高等裁判所にあたる高級人民法院によると、アップルは中国本土における「iPad」の商標権を巡り争っていた中国 Proview と和解に達し、約6000万ドル (いま48億円くらい)を支払い利用権を得ることで合意したとのこと。

Proview Technology (唯冠科技)が「iPAD」の商標を獲得したのは2001年。もともとはアップル iMacに似たオールインワンPC「Internet Personal Access Device」の名称でした。アップルは現在の iPad を販売するにあたり、2009年に台湾の Proview から使用権を獲得していたはずですが、中国 Proview 側が台湾Proview の契約は無効であると訴え、広東省でアップル vs Proview の争いが続いていました。

一審の判断ではProview が正統な商標権の所有者とされたため、アップルにとってはこのまま負けて莫大な賠償金の支払いを命じられる前に手を打ちたかった事情があります。またリンク先NY TimesがProview側弁護士のコメントとして伝えるところによれば、Proview側は和解条件としてアップルに対し4億ドルに達する支払いを望んでいたものの、そちらはそちらで経営が破綻しかけており、銀行からの早く和解しろ圧力があったとされています。



iPAD

Source: NY Times
関連キーワード: apple, ipad, lawsuit, proview
238 シェア
49
120
32
8
29

Sponsored Contents