Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

Google Nexus 7 にフロッピーディスクを接続、ウルティマIII (1983)をプレイ

Ittousai , @Ittousai_ej
2012年7月22日, 午前11:03 in Chainfire
532 シェア
139
315
0
78

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

米国やカナダではすでに出荷が始まり、200ドルの価格も手伝って好き放題に弄られているJelly BeanタブレットNexus 7の小ねた。Nexus 7 は最新の4コア(または「4 Plus 1コア」 )プロセッサ Tegra 3 やNFCを搭載するなど決してローエンド仕様ではないものの、コスト削減のために背面カメラが省かれていたり、またHDMI 出力やmicroSDスロットがないなど、外部インターフェイス的には全部載せというわけでもありません。

というわけでc0m47053 氏が XDA dev のNexus 7 フォーラムに投稿したのは、ルートアクセス必須のアプリ StickMount を使った方法。StickMount はUSBマスストレージを認識してくれないGalaxy Nexus などで使われてきたUSBストレージマウント用ユーティリティですが、c0m47053 氏はまずパワードUSBハブをつないだ上でマウスとキーボードと、さらにわざわざフロッピーディスクを接続して、1980年代の古典ゲーム Ultima III : Exodus を走らせた様子を公開しています。

ウルティマ(4.77MHzプロセッサ向け)はフロッピーディスクからDOSBox上で動いているとのこと。フロッピーに収まるデータならそもそもストレージ拡張の意義が(ry などと不粋な感想は我慢するとして、物理的なアクセス音パターンでエンカウントを予知するたぐいの風情が大事なのかもしれません。

532 シェア
139
315
0
78

Sponsored Contents