Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル幹部、2011年の社内メールで7インチ iPad の必要性を主張

Ittousai, @Ittousai_ej
2012年8月4日, 午前08:03 in Apple
260シェア
32
115
0
113

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

View

米国で進行中のアップル vs サムスン裁判からまた興味深い証言が出てきました。米国時間で3日金曜日の審理でサムスン側から持ち出されたのは、アップルの幹部 Eddy Cue が2011年1月の時点で送信していた、7インチ iPad の必要性を主張する社内メール。

エディ・キューは20年以上もアップルに籍をおくベテランで、現在はインターネットソフトウェアおよびサービス担当上級副社長(シニアバイスプレジデント,SVP) を務める人物です。送信先にはこのメールについて証言した スコット・フォーストール (iOS担当SVP)、当時ジョブズに代わり暫定CEOだったティム・クック(現CEO)、フィル・シラー(ワールドワイドマーケティング担当SVP)などが含まれていたとされます。

内容は iPad からサムスンの7インチタブレットに乗り換えたという記者の記事を添えて、記事の内容には同意できる点が多々ある、7インチタブレットにはこれから市場があるからわれわれも参入すべきだ、と主張するもの。またフォーストールの証言では、キューは一時7インチGalaxy Tabを使っていたとされています。



さて、アップルが小型のiPadを検討しているとのうわさは以前からありました。ここ最近では台湾の業界紙や Wall Street JournalBloomberg などが、アップルは8インチ以下の iPad mini (仮) を今年の秋にも発表する見込みで、まもなく量産を開始するとの「関係筋」情報を伝えています

今回の証言は実際の製品についてではないものの、少なくともアップルの内部で iPad mini の投入が検討されたことは、幹部による宣誓証言というこれ以上ない形で公になりました。(サムスン側がこの話を持ち出している理由は、アップルとてサムスンを参考にしているのだから(略)という主張のためのようです)。


一方、アップルが7インチ iPadを作っているはずがない説の根拠としてよく持ち出されるのは、2010年にジョブズが語った例の「紙ヤスリ」発言:

(iPad 競合タブレットについて問われて) まず、考慮に値する競争相手はごくわずかしかいない。そのすべてが7インチ画面だ。このサイズは優れたタブレットアプリを開発するには不十分。

7インチのタブレットは紙ヤスリも同梱しないと使い物にならない。ユーザーが指を1 / 4 サイズに削って操作できるように。アップルは広範なテストの結果、タブレットの最低サイズは10インチという結論に達した。

タブレットユーザーのポケットにはすでにスマートフォンがあることを考えれば、タブレットの画面サイズで妥協する意味がない。7型タブレットは中途半端。携帯としては大きすぎ、iPadと競争するには小さすぎる。(『ジョブズ、タブレットの将来を語る』 2010年10月18日)
とはいえ、他社製品の市場性を強く否定しながら内部では競合品の研究開発を進め、タイミングを見計らって「われわれは他社のダメな部分を解決した」といって投入するのはアップルの常。リンク先 TheNextWeb や、審理の様子を伝える各誌記者ツイートによれば、7インチ iPadを投入すべきという主張について、当時のジョブズは「耳を傾けていた」(receptive) とされています。

(さらに蛇足ながら、昨日の今日で意見を180度変えるジョブズの性格は伝記や逸話レベルでもよく語られる周知の事実。現CEOのティム・クックなどは「自分が間違ったことを認められる勇気であり才能」と表現しています。)

260シェア
32
115
0
113

Sponsored Contents