ゲーム用周辺機器の Mad Catz が、プレイステーション3 / Xbox 360 用の静音アーケードスティック「 Team Mad Catz Arcade FightStick Versus Series SH」(バーサスシリーズSH)のモニタ販売を発表しました。

ゲームセンターの筐体と同じレバーとスティックのアーケードコントローラは格闘ゲームやシューティングの本格的なプレイになくてはならないものですが、日本の一般的な住環境への導入にはサイズ以上に「激しいプレイをするとうるさい」が課題です。

マッドキャッツのバーサスシリーズSH は静音タイプのボタンやレバー、吸音材などを用いることで、操作音を「劇的に低減」させた製品。夜間や家族・近隣に配慮しつつ遊べるとしています。さらにチーム マッドキャッツに所属するプロゲーマー諸氏 (ウメハラ、ときど、マゴ) からの推薦コメントは、『静音化は「試合において対戦相手に入力中のコンボ技などを操作音で察知されない」重要なアドバンテージになる』。


最近のアーケードコントローラらしく、ボタンやレバーには業務用で広く使われるメーカー三和電子製のパーツを採用します。また「新開発のボタンにはマグネットを利用したリードスイッチを使用」しているとのこと。ただしスタート・セレクト (バック)は普通の三和電子製ボタンです。

今回のモニター販売はアマゾンジャパン内のMad Catz ショップでおこなわれ、価格はプレイステーション3対応版 / Xbox 360 対応版ともに1万9800円。PS3版は8月11日午後1時頃から予約受付開始、8月30日に発売予定。Xbox 360版の予約受付は後日発表、発売は9月となっています。
マッドキャッツ、PS3 / Xbox 360 静音アーケードスティックをモニタ販売

0 コメント