Microsoft reveals new logo, proves that it's still okay to be square

マイクロソフトが新しい社名ロゴを発表しました。マイクロソフトが「Microsoft」ロゴを変更するのは実に25年ぶり。すでに microsoft.com や、米国の直営マイクロソフト ストア数店舗では新ロゴが使われており、今後段階的にすべての製品や場所で新ロゴに入れ替わる予定です。

マイクロソフトによると、今年は Windows 8 や Windows Phone 8、Office から Xboxサービスなど「ほぼすべての製品」で新バージョンがリリースされる年であり、また各製品はPCから携帯電話、タブレット、TVでシームレスな体験を提供することから、マイクロソフトのブランドを象徴するロゴの変更にふさわしい時期とのこと。

新ロゴのロゴタイプ部分で使われているのは、Windows 8 世代の新製品やマーケティング素材と同じ Segoe フォント。左のシンボル部分は、Windowsの窓 (かつては旗) であり、カラーで「マイクロソフトの多様な製品ポートフォリオ」を表現するとされています。社名ロゴにシンボルがつくのはマイクロソフトのロゴ史上初めて。新ロゴの紹介動画は続きをどうぞ。




(画像:歴代Microsoftロゴ)
旧ロゴはこちら。一番上は1975年の創業から使われた「MICRO / SOFT」版。中央は1987年まで使われた2代目。一番下が現行~昨日までの1987 - 2012年版 (通称「パックマン・ロゴ」)。最後の" ft " の横棒がつながっているところは最新ロゴにも受け継がれています。(マイクロソフトのブランド戦略担当GM Jeff Hansen氏いわく、" ft " 部分は旧ロゴから引き継いださりげない点のひとつ。)




こちらは1980年 - 1981年前後に使われていたロゴ。
マイクロソフト、25年ぶりに新ロゴを採用。Windows 8 や Office と統一 (動画)
広告

0 コメント

広告