長く続くアップル vs サムスンの特許訴訟・米国の部にひとまずの決着がつきました。米連邦地裁の陪審員7名は、スマートフォンとタブレットの特許侵害についてほぼ全面的にアップルの主張を認め、サムスンに賠償金10億4900万ドルの支払いを命じる評決を下しました。

賠償金額は正確には 10億5185万5000ドル (訂正、追記参照) 10億4934万3540ドル。日本円にすれば約826億円。アップルが求めていた25億ドルよりは下の金額ですが、内容としてはほぼ全面的にアップル側の主張を認めています。アップル側が侵害されたと主張していた特許7件のうち、サムスンによる侵害が認められたのは6件。うち5件については故意による侵害であると認定しています。(追記:連邦地裁側による訂正。陪審による損害の計算に問題があったとして)。

アップルの主張のうち認められなかったのは、Galaxy Tabが iPad の意匠を侵害しているとする件について。サムスンがかつて 2001年宇宙の旅を持ち出すなどして、特にiPad 独自ではないと主張していた部分です。

逆にサムスン側が主張していた5つの特許については、すべてについてアップルによる侵害はなかったと陪審団は判断しています。

(更新中)
評決を受けての両社コメントは、


アップル:

We are grateful to the jury for their service and for investing the time to listen to our story and we were thrilled to be able to finally tell it. The mountain of evidence presented during the trial showed that Samsung's copying went far deeper than even we knew. The lawsuits between Apple and Samsung were about much more than patents or money. They were about values. At Apple, we value originality and innovation and pour our lives into making the best products on earth. We make these products to delight our customers, not for our competitors to flagrantly copy. We applaud the court for finding Samsung's behavior willful and for sending a loud and clear message that stealing isn't right.


「(...) 今回のアップルとサムスンの訴訟は単に特許や金銭だけではなく、価値観をめぐるものでした。アップルでは、われわれは独創性とイノベーションを尊重し、世界でもっとも優れた製品を作るために人生を捧げます。われわれが製品を作るのはお客様を喜ばせるためであって、競争相手に堂々と盗ませるためではありません。サムスンの行為が故意であると認め、盗みは良くないと明快なメッセージを示した法廷を称賛します。」



サムスン:

Today's verdict should not be viewed as a win for Apple, but as a loss for the American consumer. It will lead to fewer choices, less innovation, and potentially higher prices. It is unfortunate that patent law can be manipulated to give one company a monopoly over rectangles with rounded corners, or technology that is being improved every day by Samsung and other companies. Consumers have the right to choices, and they know what they are buying when they purchase Samsung products. This is not the final word in this case or in battles being waged in courts and tribunals around the world, some of which have already rejected many of Apple's claims. Samsung will continue to innovate and offer choices for the consumer.


「本日の評決はアップルの勝利ではなく、米国の消費者にとっての損失と解釈されるべきです。この評決は(消費者の)選択肢を減らし、イノベーションを生まれにくくし、また価格上昇に結びつく可能性もあります。「角が丸くなった四角」や、サムスンや他の企業が日々進歩させている技術について、ただ一社に独占権を与えるように特許法が操られてしまうことは残念です。消費者には選択の権利があり、サムスン製品を購入するときは、消費者は自分が何を買っているのか理解しています。今回の評決はこの訴訟についての最終決定ではなく、また全世界のさまざまな法廷や機関で続く戦いに終止符を打つものでもありません。そうした訴訟の一部では、すでにアップルの主張を却下する判断が下されています。サムスンは今後も技術革新を止めることなく、消費者に選択肢を提供してゆきます。」

(注:いずれも編集部による参考訳。両社とも日本語のステートメントを出したわけではありません)