Sponsored Contents

hmdの最新記事

Image credit:

ソニーHMZ-T2は国内10月13日発売、予想7万円。ヘッドホン交換と軽量化、24pモード追加など

Ittousai , @Ittousai_ej
2012年9月11日, 午後02:02 in Hmd
267 シェア
62
149
0
56

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

View

ソニーが3D対応ヘッドマウントディスプレイの新製品 HMZ-T2 を国内向けに発表しました。T2 は初代 T1同様、1280 x 720 の有機ELパネル x2枚でステレオ3D映像を表示する製品。自前ヘッドホンが使えるようになったほか、約2割 / 90g ほど軽くなり、また本体の改良で装着感・安定感および遮光性能が向上しました。

ヘッドホンは本体直結から交換可能になったほか、付属のヘッドホンも不評だった初代のオープンエア型から、ソニーお得意のバーチカル・イン・ザ・イヤー方式13.5mm径ドライバの密閉型インナーイヤータイプに変わりました。また自前のヘッドホンを使用した場合でも、5.1chバーチャルサラウンドの設定をインイヤー式かオーバーヘッド式に切り替えることで最適なサラウンド感を楽しめるとしています。

音の進化ではもうひとつ、ソニーの独自技術「ハーモニクスイコライザー」を搭載。音源の圧縮で失われがちな消え際の微小音を復元・再現することで、「より深みと伸びのある音場を実現」するとうたいます。


映像の進化としては、秒間24コマの映画を正しく表示する 24p True Cinema モード、パネル発光時間を制御することで残像感を減らすクリアモードが加わりました。また有機ELパネルのピクセル数そのものは1280 x 720 で変わらないものの、『光学レンズの特性を考慮した「新エンハンスフィルター」と、有機ELの性能を引き出す「色変換マトリクスエンジン」』なる新技術で各画質モードのチューニングを刷新し、初代よりさらに画質が向上しています。

HMZ-T2 の発売は10月13日、店頭予想価格は7万円前後。

Source: Sony
関連キーワード: hmd, hmz-t2, sony
267 シェア
62
149
0
56

Sponsored Contents