CEATEC 2012 を翌日に控えて、ソニーが VAIO 秋冬モデル6シリーズ22機種を発表しました。目玉はディスプレイがスライドして立ち上がる" Surf Slide " 方式採用の スライダーハイブリッド VAIO Duo 11、ディスプレイが水平まで倒れるテーブルトップ VAIO Tap 20 のタッチ対応PC 2モデル。いずれも海外では約一か月前に発表された製品です。

店頭仕様モデルの国内価格と発売日は、VAIO Duo 11 が1モデルで約15万円、Windows 8と同日の10月26日。VAIO Tap 20 は構成により14万円から18万円、発売は11月3日。

続きは国内モデルの構成と、nasne 連携など国内独自のサービス、連携戦略について更新します。

(更新中)

Sony VAIO Windows 8 in Japan

すべての写真を見る

19 枚



VAIO Duo 11 の構成は:

11.6インチ1920 x 1080 液晶 (マルチタッチ&デジタイザペン対応)、Core i5-3317Uプロセッサ、グラフィックは統合の Intel HD Graphics 4000、4GB RAM、128GB SSD。無線は 802.11b/g/n、Bluetooth、に加えて WiMAX、さらにNFC。そのほか " Exmor R for PC " フルHDウェブカメラ、MS / SD スロット、USB 3.0 x2、HDMI、VGA、有線LANなど。ソフトウェアはWindows 8 64bit 、Office Home and Business 2010。カラーはブラックのみ。

厚さ17.85mm、重さ1.305kg。バッテリーは最大7時間駆動。別売り1万5000円のシートバッテリー合体で最大14時間。



VAIO Tap 20 は:

松竹梅のうち最上位のSVJ20219CJW (約18万円) が、20インチ1600 x 900 ディスプレイ(10点マルチタッチ)、 Core i7-3517U (1.90GHz、HD グラフィック 4000統合)、8GB RAM、1TB HDD、外付けBDドライブ。ほか802.11a/b/g/n、Bluetooth、HDウェブカメラなど。

竹の16万円モデルはプロセッサが Core i5-3317U、4GB RAM。梅の14万円モデルは Core i3-3217U、4GB RAMなど。1TB HDD や 20インチ1600 x 900 ディスプレイ、Windows 8 64bit 、Office Home and Business 2012 などは共通です。

重量は約5.2kg、室内でデスクやテーブルなど場所を問わず設置するための内蔵バッテリーは約3.5時間。


国内発表でステージに立つのはソニー株式会社 業務執行役員 SVP VAIO&Mobile 事業本部 本部長 赤羽良介氏。


Sony VAIO Duo 11 slider PC handson
VAIO Duo 11 (海外モデル)


Sony VAIO Tap 20 handson

VAIO Tap 20 (海外モデル)


国内向けの惹句は「タッチといえばVAIO」「新しい楽しさにタッチしよう!」。


2:31PM 質疑。Q:新ラインナップにVAIO Z がなくなったのは?A:「技術的なチャレンジもあり、今回(のWIndows 8 ロンチには) 含めなかった」が、コンセプトとして、従来型クラムシェルで薄型ハイエンドを放棄したわけではない。


2:32PM Q:Android タブレットとの住み分け。Duo 11はいわゆるPCに見えるが、Tap 20はタブレット的に見える。VAIOでありWindowsである意義は。Xperia タブレットとの差別化は。


2:33PM A:PC市場については、たしかに前期落ち込んだが、タッチなどWindows 8 の機能を押し出して盛り上げてゆく。
A:差別化については、Windows をベースにしたVAIOは Androidよりも連携サービスやソフトウェアなどでより付加価値を持たせてゆく。


2:34PM Q:ソニーといえば、独創性・創造性でアップルと比較される。今回の製品について、ソニーらしさはどのあたりにあるのか。グローバル市場で他社との差別化は。


2:35PM A:Tap については、ひとりではなくみなで同時に使える、楽しめるのは今までになかった製品。また、タッチによってさまざまなフォームファクタが可能になるが、さきほどのDuo 11のデモにあったように、PCを構えて写真を撮るといった、これまでにない使い方が出てくる。デジタルイメージングはソニーの強みであり、そうした新しい訴求点が出てくると考えている。


2:36PM Q:テレビでは収益性重視、機種を絞ると言っていたが、VAIOの今回22機種は多いのでは?


2:37PM A:全体の機種数は絞る努力をしている。今回については、OSの変更で新しい使い方が出てくるという理由から機種も増えている。また、トランジションの時期であることも他機種展開の理由。


2:38PM Q:Duo 11について。法人向けも狙えるのでは。売り込み戦略は。また、Windows 7 や XPからの乗り換え需要の取り込みについては。


2:40PM A:よく学びよく遊べ、を支援するのがわれわれの考え。新しいPCの形状が出てくれば、新たなチャンスがある。先ほどデモした、ペンを使った プレゼンテーション作成などもそのひとつ。お仕着せではなく「ブリングユアオウン」なPCとして(も) VAIOは訴求できる。

A:また、法人向けには対面でプレゼンテーションをするような用途もある。WIndows 8 の新フォームファクタ、タブレットはそうした市場にも訴求できる。


2:41PM Q:WIndows RT を使ったVAIOについては?
A:新しいものについては常に検討している。一方で、最適なタイミングもあると考えている。タイミングを見つつ、検討は続けてゆく。


2:41PM 質疑ここまで。


2:42PM じゃあちょっと触ってきます。
速報:ソニー VAIO Duo 11、VAIO Tap 20 発表。Windows 8 変形ノート とテーブルトップ

0 コメント