Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ソニー、PS3の Life with PlayStation を終了。「一定の役割を果たした」

Ittousai , @Ittousai_ej
2012年10月22日, 午後01:21 in Folding@home
305 シェア
37
166
31
20
51

連載

注目記事

人気記事

新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 開催!ミライ端末を試したい・訊きたい参加者を募集します

新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 開催!ミライ端末を試したい・訊きたい参加者を募集します

View

ソニーから「Life with PlayStation」(プレイステーションのある生活) 終了のお知らせ、と聞くと何事かと思いますが、Life with PlayStation はアプリの名称です。ソニーは PS3用アプリ Life with PlayStation のサービス提供を2012年11月初旬をもって終了するとのこと。またサービスの終了に先立ち、10月24日以降は新規ユーザーが Life with PlayStation アプリをダウンロードできなくなります。

Life with Play Station は、公式の表現では『「時間」と「場所」をキーワードにインターネット上のコンテンツを表現するアプリケーション』。具体的にはニュース局の深夜の自動放送のように、CGで描かれた地球のうえに各都市のニュースヘッドラインや天気などがオーバーレイ表示される内容です。

2008年のソニーグループ中期経営方針説明会におけるSCE 平井社長 (現ソニー社長) による表現では:

「PS3が持つ膨大なコンピューティング・パワーと描画能力を最大限に活用し、時間、そして場所を2つの軸としてコンテンツを表現するアプリケーション」

「朝起きて、テレビのスイッチを入れるのとおなじように、PS3のスイッチをいれて世界のニュースをリアルタイムに知り、そして旅行先の天気や気温を調べるといった、PS3を使った新しいライフスタイルの第一歩を提案するのが、このLife with PlayStationなのです。」

新しいライフスタイルが今何歩まで進んだかはさておき、アプリとしての本来の機能は、タンパク質の折りたたみ現象を分散コンピューティングで解析する「Folding@home」のクライアントをバックグラウンドで動かす演算力+電力ボランティアでした。時間と場所云々のフォアグラウンドは、Foldingの分子模型を表示するかわりに、なんとなくテレビに流しておけるニュース的な演出を加えるためのもの。当初は Folding@homeのクライアントが自動的にバックグラウンドで走りOFFの設定も用意されていませんでした。

今回のLife with PlayStation 提供終了にあたっては、

 現在に至るまで、「Folding@home™」向けに全世界から延べ1,500万人のPS3®ユーザーの皆様にご参加いただき、合計1億時間以上の計算時間を提供いただきましたが、このたびスタンフォード大学との話し合いにより、PS3®は同プロジェクトにおいて一定の役割を果たしたものと判断し、終了を決定いたしました。(ソニー)

と説明されています。スタンフォード大ではFolding@home の成果を活用したアルツハイマー病対策や実際の医薬品開発について、「詳細をお伝えするのは時期尚早ですが、この報告からも単なる候補ではない有望な医薬品開発に向けた成果が得られる兆しが見えてきており、今後の展開が非常に楽しみです」(スタンフォード大学Folding@home研究リーダー,ビジェイ・パンデ氏)としています。
305 シェア
37
166
31
20
51

Sponsored Contents