Sponsored Contents

imの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフトがメッセンジャーを来年終了、Skype に統合

Ittousai, @Ittousai_ej
2012年11月7日, 午前06:07 in Im
5084シェア
0
5084
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

昨年のSkype買収から着々と準備されてきた メッセンジャーの引退をマイクロソフトが正式に発表しました。いまやマイクロソフトの一部門である Skype の公式Blog によると、マイクロソフトは中国本土を除く全世界で、 2013年第1四半期にMessenger サービスを終了します。

すでに最新版のSkypeではメッセンジャーと同じMicrosoft アカウントでログインでき、コンタクトリストもSkypeアカウントと統合できるため、今後は Skype がマイクロソフトのインスタントメッセージソフトとして役割を引き継ぐことになります。



マイクロソフトのメッセンジャーといえば、MSNメッセンジャーだったりWindowsメッセンジャーだったり、Windows Live ブランドが付いたり付かなかったりとクライアントの名前を変えつつ、純正のインスタントメッセージサービスとして長い歴史があります。日本でも「メッセ」の名称で広く普及してきました。

マイクロソフトは昨年の買収以来、Skype をユニバーサルなビデオ通話・音声通話サービスとすべく、Facebook やマイクロソフトアカウントでのログイン対応などさまざまな施策を続けてきました。

Skypeは多くのクライアントでテキストメッセージングにも対応するため、今後はマイクロソフトのコンシューマー向けメッセージング系サービスといえば Skype にさらに一本化が進むことになります。

このため最新版のSkypeでは、マイクロソフトアカウントでログインすることで、すでにメッセンジャーのコンタクトリストを Skype に統合してそのままチャットができるようになっていました。

Skype はもともとマイクロソフトのソフトウェアではなかった出自から、非マイクロソフトのプラットフォームにも広く対応します。Mac OS X や iOS、Android はもちろん、 PS Vita やらテレビが対応していたり、多数の専用ハードウェアすらあるのは、ライバルのメッセージングサービスに対する大きな強みです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

5084シェア
0
5084
0
0

Sponsored Contents