Sponsored Contents

kinectの最新記事

Image credit:
Save

米軍とマイクロソフト、Kinect を利用したリハビリシステムを検討中

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2012年12月26日, 午後04:40 in Kinect
171シェア
0
171
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

マイクロソフト設立当初、ビル・ゲイツも後に自分の会社が、米軍と共に新しいスタイルの理学療法を発表することになるとは、想像もしなかっただろう。現在、マイクロソフトは米軍と協力して、Kinect の奥行き認識技術を利用した、負傷兵や退役軍人のリハビリ補佐システムの構築に取り組んでいる。PC上で指定した動作をすることで、 患者は専門施設が近くにない場合でも自宅で運動療法を受けられる。

このシステムは、Windows 向け Kinect の他、InfoStrat製の ReMotion360 などの既製のリハビリソフトとPC1台があれば利用できるため、低コストが期待される (今後、ハードウェアからソフトウェアまで一貫して新規開発する可能性もあるという)。

またマイクロソフトは運動療法以外にも、心的外傷後ストレス障害 (PTSD) の治療で Kinect が利用できないかを検討している。例えば Kinect を活用すれば、患者がアバターを介して匿名でグループセラピーに参加することも可能だ。 Kinect を活用した理学療法の詳細は Source リンク先で確認できる。

(By Zachary Lutz 翻訳:日本映像翻訳アカデミー)




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

171シェア
0
171
0

Sponsored Contents