First proposed Android OS mascots see the light of day, give you the crazy eye

Android のマスコットキャラクターといえば例の " Bugdroid "、日本ではドロイド君と呼ばれたりする緑のアレですが、Google 社内向けには非公式ながらご先祖がいました。Google の Dan Morrill 氏が Google+ に投稿したのは、2007年のAndroid プラットフォーム正式発表前に描かれたキャラクター " Dandroid " 。人間性の欠片も感じさせないぐるぐる目といい表情を掴みづらい口元といい、なかなか直視しがたい面構えです。


初代 Android マスコット「Dandroid」

すべての写真を見る

4 枚



画像は Morrill 氏いわく古いNASの中身を整理していて発掘されたもので、2007年当時にGoogle 社内の開発者向けにAndroid を紹介する際、プレゼンテーションスライドに載せるイラストがなかったため空き時間に描いたとのこと。

対外的にAndroidが発表される前の話であり正式なマスコットに制定されたわけでもありませんが、社内では作者名から Dandroid の名で呼ばれていました。緑の Bugdroid / ドロイドくんは、この後 Googleの Irina Blok 氏がデザインしています。

漫画表現的には「混乱」「狂気」「暴走」の記号に使われる渦巻状の目や、どんな破滅的なことでも笑顔で実行してくれそうな口元を見るにつけ、万が一にも正式採用されなくて良かったと安心せざるを得ませんが、iOSなどライバル陣営に「コレと戦うのはイヤだ」と思わせる効果はあったかもしれません。
Android の初代マスコット「Dandroid」、Google社員が発掘
広告

0 コメント

広告