Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

ピーター・ガブリエルの曲をリミックスできるiOSアプリ MusicTiles

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2013年1月12日, 午前03:42 in App
316シェア
0
316
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

ニール・ヤングが高品質のデジタル音楽サービスを立ち上げた一方で、ピーター・ガブリエルはiOS用のリミックスアプリ MusicTiles で音楽シーンに新しい風を吹き込もうとしている。タイル状のインターフェースで直感的に操作ができるようにデザインされた MusicTiles は、誰でも手軽に楽曲のリミックスを作ったり、シェアしたりするアプリだ。


それぞれのタイルには色が付いており、ギター、ドラム、ボーカルなどのパートを表している。プレイボタンを押した時は無音の状態。2つ以上のタイルを並べることで、それぞれのタイルに組み込まれた音が鳴る仕組みだ (例えば、黄色とライトブルーのタイルをとなりに並べるとギターとボーカル音が流れる)。同じタイルでも上下左右どの位置に付いているかによっても流れる音が違う。ユーザーはタイルを移動させることで、エフェクトをかける、それぞれの音を出すタイミングを決めるなどの操作をする。

MusicTiles は8日 (米国時間) から2.99ドルで販売が開始されている (日本の App Store でも250円で購入可能)。対応端末は iPhone (3GS以降)、iPod Touch (第3世代以降) と iPad (全モデル) で、iOS 5.1以降に対応。アプリの購入時には、ピーター・ガブリエルのアルバム「So」を中心とした楽曲が数曲用意されている。アプリ内で追加購入することでプレイできる楽曲を増やせるが、現在売られているのは「So」の楽曲のみ。

アプリの開発者は、プロのミュージシャンやプロデューサーに向けて楽曲の提供を持ちかけている。申し込みには、曲をMusicTiles 上でプレイできるフォーマットに変換するためのマルチトラック音源が必要だ。デモ動画では、ピーター・ガブリエルの1986年のヒット曲 " Sledgehammer " を使ったリミックスの例が見られる。まさに " This is the new stuff " だ。

原文:Zachary Lutz 翻訳:日本映像翻訳アカデミー




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

316シェア
0
316
0

Sponsored Contents