Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ソニー『パーソナルコンテンツステーション』発表、NFC対応ストレージ&プレーヤ

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年1月21日, 午後12:30 in Lls-201
140シェア
0
140
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
ソニーがNFC対応ネットワークストレージ&プレーヤ製品『パーソナルコンテンツステーション』LLS-201を発表しました。LLS-201は 802.11a/b/g/n WiFi とHDMI出力を備えた容量1TBの据え置きストレージ。

スマートフォンやタブレット、デジタルカメラやビデオカメラなどさまざまな製品で撮り貯めた写真や動画をまとめてバックアップ&保存して、テレビやネットワーク経由のほかの機器で楽しむための製品です。


撮りためたコンテンツをどうするか、といえばソニー的には従来からVAIOを使ったさまざまなソリューションがあり、あるいはテレビにつながっているプレイステーション3でドラマチック・シネマチック写真上映会!といった提案もありました。

対するLLS-201は、まずPCを起動してなんちゃらは必要ありません、コピー開始には(NFC対応端末なら)タッチするだけ、操作はすべて Android や iOS のアプリ経由で使えますという、分かりやすさを訴求しています。

取り込む部分の仕様は、NFC と 802.11a/b/g/n に加えて、カメラなどのために SD / MS Duo デュアルスロット、USB 2.0端子。USB端子は最大2.1Aの給電にも対応します。

WiFi は既存の無線LANネットワークに接続するモードとAPモードに対応しますが、有線LAN端子は備えません。


まとめて溜め込んだコンテンツを楽しむ方では、HDMI出力 (1080/60pまで対応)でテレビに直接映すほか、DLNAサーバとしてネットワーク内のほかのタブレットやテレビ、ゲーム機といった端末からもアクセスできます。

再生可能な形式は写真が JPEG, MPO, RAW、動画は AVCHD, MP4, MPEG2 SD, MOV, 3GPP(3GPP2), AVI, MPEG1。

また利用するスマートフォンやタブレットの機種に応じた設定をしておくことで、ビデオカメラなどで撮影した高画質の動画ファイルをモバイルに最適化したフォーマットに自動でトランスコードする機能も備えます。


本体機能の操作は、電源のON/OFF以外はすべてAndroid / iOS 向けのアプリ PCS Manager を利用します。たとえばテレビでの再生時にはアプリが画面付きリモコンになり、アプリ側で写真や動画を選んでインターネット共有するなど。PCS Manager のOS要件は Android 2.3以上、iOS 6.0以上。


「陶磁器のような仕上がり」「家中のどこに置いても違和感のない落ち着いたデザイン」という本体は、意外と小さく 172 x 172 x 32mm、重さ約500g。本体の天面が皿のように弧を描いているのは、給電しつつ転送中のスマートフォンやカメラなどを上に起きやすくするため。「ここに置け」というデザインながらワイヤレス充電パッドにはなっていません。

LLS-201 の発売はわりと先の4月30日。価格はオープン、市場想定価格 約3万円。







「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

140シェア
0
140
0

Sponsored Contents