Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:

アップル、曲面ガラス採用の iOSスマートウォッチをテスト中?

Ittousai , @Ittousai_ej
2013年2月11日, 午前07:27 in Apple
1135 シェア
874
0
0
261

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


アップルが腕時計型の iOS 端末をテストしていると、リンク先 NY TimesWall Street Journal が相次いで報じています。ソースはどちらも「詳しい筋によれば」。

まず NY Times のほうはミニコラム的な Bits Blog の扱いで、アップルは腕時計型のデバイスを現在テスト中である、筐体には曲面ガラスを採用している、(情報源のうち2人によれば) プラットフォームは iOS になるであろう、といった内容です。


また Bits では、中国のサイト tech.163.com が昨年掲載した「アップル製スマートウォッチ」のうわさにも触れています。そちらの内容は「サプライチェーン関係者によれば、アップルは2013年前半にもBluetooth スマートウォッチを発売すべく開発を進めている。インテルの設計がベースで、OGSのガラスカバーと1.5インチの有機ELディスプレイを採用する」らしい。といったところ。OGSはカバーガラスとタッチパネル(など)を一体化する One Glass Solutionの略。「インテル設計」が何を意味するのかは特に説明がありません。

そのほか記事の大部分は、Gorilla Glass の Corning に曲面ガラスや「曲げられるガラス」の可能性について聞いたり (強く柔軟なガラスは開発されているが、「曲げられる」製品を作るにはガラス以外の部分が難しい)、ウェアラブルコンピュータのアナリストによるコメント「長い目で見れば、アップルにとってもウェアラブル端末は不可避」(だが、いつになるかは分からない)、そしてアップル広報のノーコメントなど。

もうひとつのリンク先の WSJ は、「アップルはスマートウォッチについて、Mac や iOS デバイスも製造する Foxconn (鴻海) と協議して試作中」としているほか、ほぼ NY Times と同じような内容です。

どちらも共通しているのは、なんらかの試作機が存在してテストする段階には至っているものの、実際に製品になるかどうかは決まっていないこと。


アップルが近い時期に出すかどうかは置くとして、「スマートウォッチ」を自称する製品は、スマートフォンや Bluetooth Low Energy の普及もあってここ最近やたらと増えつつあります。たとえばソニエリ時代から延々と Bluetooth 腕時計を手がけてきたソニーからは製品名そのままな SmartWatch 、Kickstarter組ではアプリ開発も可能な Pebble、機能を絞って電池寿命1年以上を確保する Cookoo、あるいはモトローラからは Andoid OS を採用するスポーツウォッチ MOTOACTV などなど。中身は「スマートフォンと連携するからスマートウォッチ」な通知系から、スマートフォンと同じOSを載せてアプリも入れ替えられるものまで。

仮にアップルが腕時計型端末を出してくるとすれば、電話 / メール / SNSなどの通知や音楽リモコンと曲名表示、(Bluetoothだとして)携帯やタブレットの置き忘れ通知といった一般的な機能に加えて、やはり Siri との連携や、Nike+ 的なフィットネス / ヘルス系の用途などが思い浮かびます (あるいは運動不足 / 睡眠不順ターゲティング広告とか)。製品化されるとしていつになるのか分かりませんが、さすがのアップルも腕時計なら生活防水くらいにはしてくれることを期待して待ちたいものです。


1135 シェア
874
0
0
261

Sponsored Contents